Web3.0」タグアーカイブ

[blockchain問題点][138][ハッキング対策手法] Web3.0ブロックチェーンに「認証局」を導入すると、どうなるか。

表題通りです。 1, 信頼できる中央機関の有効なデジタル署名が付与されたジェネレータで鍵を生成します。 2, そのジェネレータからは秘密鍵と認証局申請ファイル(csr)が同時に生成します。そして、この生成した直後の秘密鍵… 続きを読む »

[データ復旧サービス][16] 海外製復旧機材は一切使用禁止。バックドアの懸念あり。Web3.0ブロックチェーンですら例外ではなかった。

お預かりしたドライブの「海外持ち出し」と、海外製復旧機材の使用は一切ありません。 見えない形でデータが流出する懸念材料があります。いわゆる「バックドア」の存在です。わからないようにドアを仕掛けることで、そのドアから個人情… 続きを読む »

[考察サイトの立ち上げ] Web3.0ブロックチェーンで非中央集権を実現できる見通しは 数学的な観点からみて 元々存在したのだろうか 秋葉.jpで2023年1月1日、オープンします。列挙した問題点を検証のち考察です。

考察サイトを立ち上げます。 https://秋葉.jp/ 連日執筆しておりました「blockchain問題点」については、本日分でほぼまとまります。問題点を並べたら、次は考察です。新しく立ち上げた「秋葉.jp」の方でしっ… 続きを読む »

[blockchain問題点][123] Web3.0ブロックチェーン暗号資産 もう一つのチェックポイントがブロックハッシュ以外に存在 それはステーキングです。しかもそれは寛容化できない強制のチェックポイントです。そこに「民主化」の概念は存在するのだろうか?

Web3.0ブロックチェーンでのチェックポイントはブロックチェーンのブロックハッシュを一般的に指します。 ブロックハッシュをハードコードすることにより、そのブロック高のブロックハッシュを固定化することによりネットワークの… 続きを読む »

復旧不定期日誌460, [ブロックチェーンNFT] NFTのシンボル名に日本語をサポートいたしました!さっそく、「データ復旧NFT」「データサルベージNFT」などを作ってみました。ちなみに、NFTのシンボル名は「先願(早い者勝ち)」です。

SORAは、分散解析を目的とした「ドライブ検査」と「データ復旧」のためのブロックチェーンです。これらは本チェーンの原点で、今後の開発方針から外れることは決してありません。もちろん、NFTの各機能もたっぷりと搭載していく方… 続きを読む »

復旧不定期日誌458, [ブロックチェーン:所有者証明と付加価値] 所有者を示せるので、そのコンテンツの信用に、初めてつながります。

従来のWeb2.0では、厳密そうで曖昧でした。 「本人が書いたのか?」「誰が書いたのか?」「なりすまし?」「それ、書かせたんではないの?」が始まります。証明できないので、こればかりは信じるしかない状況で、実際に、異なる者… 続きを読む »

復旧不定期日誌457, [所有権証明] Web3.0でちょっとしたコンテンツを作ると、そこに描かれた全情報に所有権の証明が付属します。そして、その証明にNFTを紐づけいたします。ところで、NFTはあの16フレーズと紐づけされているので、これで、そのコンテンツは「自分のものだ」と示せますね。

現状のWeb2.0でコンテンツを作っても、自分の著作物と示すのが難しいのが現状です。なぜなら時間軸がないからです。 後から、他人が同じ内容でコンテンツを作る(パクる)とします。しかしそこには時間軸がないので、それは自分の… 続きを読む »

復旧不定期日誌454, ブロックチェーンに向けRapidSync [急速同期]を実装いたしました。現在、テスト中です。

フルノードのブロックチェーンの欠点の一つとして、初回接続時の完全同期に「数時間から数日かかる」という点です。 この長時間の同期は「初回に限る」のですが、何事もはじめが肝心です。そこで数時間お待ちください、、、は何とかする… 続きを読む »

復旧不定期日誌452, とりあえず、NFTですね。「drive」「denpa」を作りました。

Web3.0の各サービスと絡めて利用するNFTです。とりあえず、「drive」「denpa」を作りました。drive トークンは復旧機能や統計スキャンの大幅改善に役に立つ有用なNFTになります。 ところで現在、統計スキャ… 続きを読む »

復旧不定期日誌441, [Web3.0/NFT] Web3.0 第二弾 「暗号のメモ帳」機能です。

第二段です。第一弾はデータ復旧サービスでも活躍する「統計スキャン」の統計処理でした。この処理に付いては、バックグラウンドでの処理となるために表には顔を出しません。それゆえに、実感がわかない第一弾だったかもしれません。 そ… 続きを読む »

復旧不定期日誌440, [Web3.0/NFT] まずは準備運動。手始めに、暗号メモ帳機能を投入いたします。

16フレーズ完全復元ウォレットの性質を活用した「暗号メモ帳機能」を投入いたします。 ブロックチェーンに、暗号化されたメモを書き込むことができます。その暗号処理ならびに署名には、自分の秘密鍵を使います。よって、自分自身にし… 続きを読む »