SSD復旧」タグアーカイブ

復旧不定期日誌466, ビットコインの鍵は256文字の32桁です。となると、36文字の13桁は……ですね。

ビットコインの鍵が、もし36文字の13桁(約uint64_tですね)だった場合、ネットワーク完全崩壊まで何日だろう……と考えます。もちろん、そんなことはなく、256文字の32桁(uint256)です。ご安心ください(^^… 続きを読む »

sora_meetino氏が外れたのなら、戻ってきたいというDMが多くきていました。

sora_meetino氏が外れたのなら、戻ってきたいというDMが多くきていました。 つまり、みえない部分でトラブルを抱えていた可能性がありました。現在、調査中です。※ たとえば、突然BANされた、などです。理由も無くこ… 続きを読む »

復旧不定期日誌465, [ブロックチェーン:悲観的になる必要は皆無 チェーンの最大の魅力は「ハッシュ」です] 所有者管理のNFTの data structure にゼロ知識証明を投入すると、なるほど、でした。

本日、NFTに data structure を搭載いたしました。仕様はADD_SERIALIZE_METHODSのライトコインなどで採用されているデータ構造です。これが優れていて、後からいくらでもデータ構造を変えられる… 続きを読む »

復旧不定期日誌464, [ブロックチェーン:悲観的になる必要は皆無 チェーンの最大の魅力は「ハッシュ」です] コントラクトの文面と、そのハッシュ値をトークンに刻めるように改良いたします。

昨日……完成、したのです。しかし、もう拡張したくなりました。まだ半日しか経ってない……。それだけブロックチェーンには「魅力」があります。 もちろん、この拡張はすぐ終えられます。復旧機能拡張スケジュールに影響はありません。… 続きを読む »

復旧不定期日誌463, [ブロックチェーン:悲観的になる必要は皆無] SORA Network ブロックチェーン心臓部: 完成 * 記念に、DataRecovery-NFTを配布

本日、完成いたしました。※ 記念に、DataRecovery-NFTを配布いたします。1000を集めると、FromHDDtoSSDのデータ復旧機能が「商用利用可能」となるNFTです。1ずつ配布してみます。さて、これをどの… 続きを読む »

復旧不定期日誌462, [ブロックチェーン:悲観的になる必要は皆無 ブロックチェーンをOSに例えるならNFTはアプリ] データ復旧技術への応用

いくらでも応用が利くブロックチェーン。悲観的になる必要は皆無です。そうですね、ブロックチェーンをOSに例えるならNFTはアプリになります。そして、OSはそれ自体が稼ぐのではなくアプリが稼いだ分から手数料、ですよね?※ N… 続きを読む »

復旧不定期日誌461, [ブロックチェーン:これからです。悲観的になる必要は皆無] データフォルダを分けました

今まで、Qtウォレット(SorachanCoin-qt)と同じデータフォルダを採用しておりました。しかし、Qtウォレットは旧式のランダムウォレット、それに対してFromHDDtoSSD v3はHD ウォレットを採用してお… 続きを読む »

復旧不定期日誌460, [ブロックチェーンNFT] NFTのシンボル名に日本語をサポートいたしました!さっそく、「データ復旧NFT」「データサルベージNFT」などを作ってみました。ちなみに、NFTのシンボル名は「先願(早い者勝ち)」です。

SORAは、分散解析を目的とした「ドライブ検査」と「データ復旧」のためのブロックチェーンです。これらは本チェーンの原点で、今後の開発方針から外れることは決してありません。もちろん、NFTの各機能もたっぷりと搭載していく方… 続きを読む »

復旧不定期日誌459, [ブロックチェーン:遊び] あと「遊び」です。これができないなら、意味がありません。えっ、悲観的? そうなる必要は皆無。将来性は「ばっちり」ですよ!

所有者証明等のちょっと堅苦しい事例が並びましたが、「遊び」も忘れてはなりません。というか、そこが最も重要です。 実装してきたブロックチェーン関連の機能を活用した遊びとなると、間違いなくNFTを使った「遊び」です。Disc… 続きを読む »

復旧不定期日誌456, 実用性のNFT、「DataRecovery」「junkhdd.com」です。

そろそろ、経済生産性が求められるところです。転がすだけではダメなのです。 そこで2つのNFT、DataRecoveryとjunkhdd.comです。前者は弊社データ復旧サービスでお得な特典等に活用していきます。後者はWe… 続きを読む »

復旧不定期日誌453, ブロックチェーン部の「応答なし(^^;」がなくなりました!

いつもお世話になっております。 本日、処理にお時間を要する全過程に「待機ウィンドウ」を実装いたしました。これにより処理待機中の「応答なし」がなくなりました。 応答なしはメッセージループが止まると発生いたします。このため、… 続きを読む »

復旧不定期日誌450, いよいよWeb3.0機能を搭載してまいります。[更新あり]

Web3.0。急に盛り上がってきたため、いよいよ「公開エリア」への書き込み機能を解放していきます。 ところで、Web3.0って? ですね。ざっくりと、ブロックチェーン経由のウェブサービスで間違いございません。 いまのとこ… 続きを読む »

復旧不定期日誌445, データ復旧にi-sector 投入です。

2016年9月にブロックチェーンとセットで開発を開始いたしました、不安定なドライブからデータを引き出すための最新技術i-sector、本日より本格的な投入となりました。 認識状態を保てないドライブが急増しており、その対策… 続きを読む »