coins」タグアーカイブ

復旧日誌478, イラスト、画像編集担当者が増えました!

ホームページやマーケティングで多用するイラストや画像編集について、新しい仲間が増えました。これだけでもホームページとSNSが華やかになりますので、戦略的に動ける体制が整ってきます。また、明らかにブロックチェーンの目的が大… 続きを読む »

復旧日誌477, Google Chrome のダウンロード警告が消えました。もしかしたら、ブロックチェーンの開発にはEV署名が必須なのかもしれません。

本日、Google Chromeのダウンロード警告が消えた点を確認いたしました。EV署名はまだですが、昨日confirmationとなりましたので、その影響かもしれません。※ アルゴリズムはわからないため、あくまで憶測で… 続きを読む »

復旧日誌472, 積み上げながら開拓するデータ復旧

データ復旧技術についても、すべて「積み上げ」となっております。例えばデータ復旧作業の最もシンプルな作業、セクタの取得については、いまでも論理セクタが使われておりますので、この部分を毎日地道に改良、そして積み上げて、開発し… 続きを読む »

復旧日誌469, NFTを純粋に活用する事例は「ブロックチェーンゲーム」というみたいですね。では、その方向性でいきましょう!

本日より日誌が不定期から定期になります。ようやくブロックチェーンコアができたので、次のステージ……それは、しっかり発信していくことですね。頑張ります。 さて、NFTを純粋に活用する事例は「ブロックチェーンゲーム」というみ… 続きを読む »

[重要 Google Chromeをご利用の方] 2022年6月26日から、突然、ブロックチェーン版のみに、ダウンロードの警告が出るようになりました。

題名の通りの現象が発生いたしました。「ブロックチェーンが付属するFromHDDtoSSDのみ」という点および、この警告のアルゴリズムが不明瞭な点より、ブロックチェーン(Web3.0/NFT)に対して不透明な警告ではないで… 続きを読む »

復旧不定期日誌466, ビットコインの鍵は256文字の32桁です。となると、36文字の13桁は……ですね。

ビットコインの鍵が、もし36文字の13桁(約uint64_tですね)だった場合、ネットワーク完全崩壊まで何日だろう……と考えます。もちろん、そんなことはなく、256文字の32桁(uint256)です。ご安心ください(^^… 続きを読む »

復旧不定期日誌455, 「バックアップ不要で即復元」を実現できました。16フレーズのみで、1からフルノード完全同期+ウォレット完全復元で合わせて約5分。最短時間でBalanceと全NFTが戻ります。RapidSync [急速同期]、できました!

時々のご利用ならば、パソコンに置いておく必要すらなくなりました。さっと約5分で完全復元して、使い終えたら削除します。なお、使い終えた後に削除するのであればウォレットの暗号化は必要ありませんね。セキュリティ的には、悪くない… 続きを読む »

復旧不定期日誌452, とりあえず、NFTですね。「drive」「denpa」を作りました。

Web3.0の各サービスと絡めて利用するNFTです。とりあえず、「drive」「denpa」を作りました。drive トークンは復旧機能や統計スキャンの大幅改善に役に立つ有用なNFTになります。 ところで現在、統計スキャ… 続きを読む »

復旧不定期日誌450, いよいよWeb3.0機能を搭載してまいります。[更新あり]

Web3.0。急に盛り上がってきたため、いよいよ「公開エリア」への書き込み機能を解放していきます。 ところで、Web3.0って? ですね。ざっくりと、ブロックチェーン経由のウェブサービスで間違いございません。 いまのとこ… 続きを読む »

復旧不定期日誌448, テザーの日足 逃げていたか

機関が少しずつ逃げていたようですね。ステーブルを名乗ったからには、必ず値を保つ必要があります。特に下ぶれです。下ぶれは、本当にまずいです。ステーブルの問題なんて、ただ、それだけ。 なぜなら、上には絶対に向かず、下ぶれリス… 続きを読む »