bankrupt-public-key」タグアーカイブ

[blockchain問題点][151] 現状、既存のシステムとブロックチェーンを接続することは難しい

現状のブロックチェーンは運営側からハッキングを抑制することができないためハッキングされることが前提となります。 このため、既存のサービスとブロックチェーンを接続すると、ハッキングの度に既存サービスの信用低下につながる恐れ… 続きを読む »

[blockchain問題点][150] ペーパーウォレットにしてウォレット自体をパソコンから削除しました。これで、どうやって盗まれる?それは、ブロックチェーン分散台帳の仕組みにあります。

ペーパーウォレットにしてパソコンから削除すれば大丈夫でしょう。 そう思いがちなのですが、それでもハッキングをやられます。 なぜなら、ブロックチェーン分散台帳の仕組みにあります。分散台帳は全データを参加者全員で同期するとい… 続きを読む »

[blockchain問題点][145] 暗号資産ウォレットを保護という項目があるセキュリティソフトを導入していれば問題ない?それは、いいえです。鍵の問題は防ぐ手段がないため、どんなセキュリティでも確実に破られます。結局、鍵ですべてが決まります。安全なのか、数年後全部盗まれるか、です。

さすがにセキュリティソフトが反応するでしょう?それは、いいえです。その考えは捨ててください。 鍵の問題は防ぐ手段がありません。よって、どんなセキュリティでも確実に破られ、調査も難しいという性質があります。それゆえに「コー… 続きを読む »

[blockchain問題点][139][ハッキング対策手法] Web3.0ブロックチェーンに「認証局」を導入すると、どうなるか。その2です。

前回の続きです。 ジェネレータをオンラインにして実行コードを含むバイナリで提供しなければ、そのバイナリをハッキングされずに済むのでは、というご意見がありました。 しかし、これも問題があります。それはオンラインという点です… 続きを読む »

[blockchain問題点][138][ハッキング対策手法] Web3.0ブロックチェーンに「認証局」を導入すると、どうなるか。

表題通りです。 1, 信頼できる中央機関の有効なデジタル署名が付与されたジェネレータで鍵を生成します。 2, そのジェネレータからは秘密鍵と認証局申請ファイル(csr)が同時に生成します。そして、この生成した直後の秘密鍵… 続きを読む »

[blockchain問題点][137] キメラの鍵でハッキングの調査追跡を妨げる手法、か。

仕組み上、防ぎようがないので、このあたりも全てコンセンサスが通ります。 ブロックチェーンは……コンセンサスさえ通れば、そのトランザクションは無条件で有効になります。どんな手法(ハッキングなど)であってもトランザクションが… 続きを読む »

[blockchain問題点][136] コールドウォレットを軽く破れる「おかしな鍵」は束ねることもできます。ハッキングの黄金時代の最強ツールですね。

コールドウォレットを軽く破ることが可能な「おかしな鍵」は、束ねることもできます。 単一かつ生成にお時間を要するのならまだましだったのですが、束ねた状態でかつ最短時間による生成が可能です。 束ねられるということは「おかしな… 続きを読む »

[blockchain問題点][133] 公開鍵の調査には、数時間、CPUをフル回転させる必要があります。そのため実行前にCPUファンの掃除をお願いいたします。

「おかしな鍵」は、仕掛けるのは最短時間でパッとできるのですが、その検出にはCPUをフル回転させて時間を要する調査が必要となる「数学的にたちの悪い性質」があります。 なお「おかしな鍵」でもコンセンサスが取れるのでブロックチ… 続きを読む »

[blockchain問題点][129] 楕円曲線暗号 その15 公開鍵のアドレス コールドウォレットすら破られるアドレス コンセンサスが取れました。

コンセンサスが取れたので、興味深いのが以下二点となりました。何の変哲も疑いもないアドレスですが、調査には大事なコンセンサスです。https://live.blockcypher.com/btc/address/3Du66… 続きを読む »

[blockchain問題点][116] 楕円曲線暗号 その13 公開鍵のアドレス コールドウォレットすら破られるアドレス その12で取り上げた少し独自に工夫したアドレス 今でも残高キープしています。

この地点で残高キープしていますので、なるほど、です。これが「タイミング」のアルゴリズムになっているとほぼ確信しました。うまくやってますね。 https://live.blockcypher.com/btc/address… 続きを読む »

[blockchain問題点][111] スレッド並列化処理による高速化 アトミックな処理では性能低下するのでグローバル変数を取り除きます

最近開発を進めておりますFromHDDtoSSD v3搭載の「おかしな鍵」の調査について、ブロックチェーン心臓部の内部処理を並列化することにより解析速度を大幅に早める手法を取り込み中です。 しかし、内部処理を並列化するに… 続きを読む »

[blockchain問題点][109] 楕円曲線暗号 その12 公開鍵のアドレス コールドウォレットすら破られるアドレス その11で取り上げた少し独自に工夫したアドレス 結構経ちましたが残高キープしています。

まだ残高キープです。もし工夫なしなら1時間以内で奪われていたはずです。 しかし、これも「おかしな鍵」なのです。よって、何となく彼らの埋め込み方がわかってきました。 https://live.blockcypher.com… 続きを読む »

[blockchain問題点][105] Web3の本質は「秘密鍵を自分で持つ」こと。それが実現さえすれば完璧な安全を確保できる? それは違います。

FTXの件から目をそらすためなのか。「秘密鍵を自分で持てば完璧な安心を確保」が始まりました。あげくのはてに中央集権が悪いと言い切ってしまう、手に負えない状態にもなっております。 しかし、本ブログで取り上げております「おか… 続きを読む »

[blockchain問題点][104] 「おかしな鍵」にも複数のタイプが存在することを掴みました。アドレスが全単射になっていない事が要因かもしれません。

そのような相手は、狙ったターゲットからコインを奪うためなら何でもします。それは間違いないです。 どうやら餌の喰らい付き加減からみて、複数のタイプが存在するのが間違いない見通しです。餌の奪い合いまで生じてますから、その界隈… 続きを読む »