chapter349, We released FromHDDtoSSD v3 with SORA Network!

From now on, there is no doubt that SSD/NVMe of size of TB will become mainstream.
Therefore, we are particular about SSD/NVMe scanning.
For SSD/NVMe, it is not possible to catch the sector that shakes when it is “breaking” by simply calling and scanning the sector monotonously (generally available drive scan software).
In other words, if the “probability of normality is high” at the time of the essential “breaking”, it will be all green(all OK) … can it be trust?
Then ……… it doesn’t make sense.
Therefore, we are necessary a “new method” that can scan a SSD/NVMe via the Blockchain. … That is the “stat-scan”.

https://www.fromhddtossd.com/drive/

chapter348, Handling Zero is difficult

We found a problem with the handling of Zero while checking FromHDDtoSSD.exe that was before release.

However, it was not necessary fix this time because it was a problem that statistical scanning on huge capacity HDD.
Fortunately, it does not affect the release.
Still, leaving these Zero alone is a problem. Therefore, we will put in the fix of hollowing out Zero with a circle next month.

複数のブロックチェーンでも安定・・INTEL-SSD

INTEL-SSD・・・10年以上前のもの(^^;から、少し古いものまで現役で動作しております。
※ 最近も何枚か増えましたので、ベンチマークを添えて公開いたします。
特に、複数のPoSのブロックチェーンを常駐させても、問題なく安定しております。これは大事な点です。

なぜならば、PoSの報酬はCPU・GPU・ASICによる仕事ではなく・・「ネットワーク貢献」に応じてコインがいただけるため、一つではなく沢山のウォレットを一つのパソコンに立ち上げるのは当たり前だと思います。そして、常駐させます。

これがです・・、SSDにとっては過酷な環境だったりします
ブロックチェーン内部に決まった一定時間おきにブロックが生成しますので、この更新分を常に読み書きいたします。
これを立ち上げたウォレットがみんな一斉に・・ほぼ同時(ブロック生成時間が同じ位なため)に読み書きしてきます。

近い将来、ブロックチェーンはパソコンだけではなく、いつも持ち歩いているあれなんかにも入ってくるとみております。
いまはコイン(^^;ですが、他にも沢山の使い道がありますので、もう避けては通れないと思います。
それで、フラッシュの記録部分が頻繁に壊れるようでは困りますし、
某メーカさんの機種だとフラッシュを自分で入れ替え・増設・換装できないから、壊れたら修理になってしまいますね(^^;。
しかもボード交換じゃ大変です。何があっても壊れない・壊れにくいフラッシュが必要となってきます。

だから・・?最近・・クアルコムではなくインテルに・・?いや、これは単なる憶測です。ニャニャニャ。
https://www.iuec.co.jp/

データクラッシュ復旧センターブログ&暗号通貨 – IUEC

皆さん、こんにちは!
データクラッシュ復旧センターの茂木です。
最近は、暗号通貨にはまっている小生。テレビ番組でやってないのかなと思い調べてみたら、昨年から放映されている真相仮想通貨ニュース(BS11)と言うニュースを発見して毎週見ています。・・・録画ですがね!
番組内容としては、これから始める方の番組です。
今年の放映で、2019年は暗号通貨はいい年になる事をいっていました。
詳細は、2019年はインフラを整備と、税率改正の年になるのではと言っていました。
興味のある方は、初心者には見やすい番組だと思います。

https://www.data-crash.com/

データークラッシュ復旧センター ブログ&暗号通貨 – IUEC

こんにちは!データクラッシュ復旧センターの茂木と申します。

お正月も明けて、早くも15日ですね・・・鏡開き

小生なりに色々暗号通貨の事を勉強して色々なコインが有る事が分かりました。

そんな中に、今年のお正月より、いつも遊びに行っている 、Discord の中のSorachanで今年のお正月のお年玉コイン配給で、SORAコインとモナコイン(雀の涙(^^;ですが・・)を配布しました

今後は、イベントで配布を行うので、皆さんもコインが欲しい人は是非とも、一度遊びに行ってね!

自分も暗号通貨を初めてはや、2年程度(開発参加からは半年程度)になります。

小生なりに色々暗号通貨の事を勉強して色々なコインが有る事が分かりました。

今後は、イベントで配布を行うので、皆さんもコインが欲しい人は是非とも、一度遊びに行ってね!

https://www.junkhdd.com/

           

SorachanCoinについて – IUEC

国産仮想通貨開発・運営 ブロックチェーン SorachanCoin -IUEC

https://www.junkhdd.com/

Welcome to “malfunction prediction blockchain” crypto-currency SorachanCoin.
□ 今後の機能実装(コイン編) □
1, 待ち受けポート自動選択(Ver1.0.5)
あらかじめ登録された複数のポートから、自動選択いたします。
2, メモリプロテクト機能(開発中:Ver1.0.6)
現地点にて読み書きされていないメモリ(ヒープ)はNO_ACCESS属性、解放時はZERO_MEMORYです。
※ 実装箇所はmalloc, new, vector, map, listとなります。
3, スタックプロテクト機能(開発中:Ver1.0.7)
スタックに大事な情報が残らないように、ZERO_MEMORYいたします。
4, 量子耐性(開発中:Ver1.0.8:Blake2Hash + Lamport)
「ブロック生成時間 << 量子コンピュータに解かれる時間」にて、耐性を付けます。
5, AutoCheckpoints(開発中:Ver1.0.9)
PoWとPoSの規則性から、チェックポイントを自動的に記録します。
※ この機能と量子耐性を組み合わせることにより、量子コンピュータからの51%攻撃を防ぎます。
6, PPoS(開発中:Ver1.0.10)
あらかじめ確保したコインをロックのち一定期間、インフレを防ぎつつ、PoS獲得量を上げます。
□ 今後の機能実装(ストレージ故障予測編) □
7, 故障予測用のブロックチェーンを実装(コイン編完了次第:Ver2.0.10)
※ コイン用のブロックチェーンを継承して作りたいと思います。
・・・・まだまだ続きますニャ。

Official site:https://www.junkhdd.com/
Wallet download:https://www.junkhdd.com/wallet/
BlockExplorer:https://www.junkhdd.com:7350/
Twitter:https://twitter.com/DataRescueCoin/
Discord:https://discord.gg/KN9nwKa

国産仮想通貨開発・運営 ブロックチェーン SorachanCoin -IUEC

■ [BlockChain OpenSource] [GitHub] SorachanCoin-developers.

Amount-of-supply8,000,000
PoW AlgorithmScrypt
RewardPoW:
BlockHeight for Reward
~1,000 for 1 coin
1,001 ~ 20,000 for 2 coin
20,001 ~ 100,000 for 6 coin
100,001 ~ 500,000 for 2 coin
500,001~ for 1 coin
PoS:
3% / Year
PPoS:
0.5 coin, Block by PoS.
Block time3 minutes
Block ConfirmationsCoin transaction:6
PoW:15 (Ver1 while fixed)
PoS:15 (Ver1 while fixed)
Analyze time45 minutes ~ 150 minutes (15 units)
Premine860,000
BlockExplorerclick here

ブロックチェーン38, SorachanCoin-qt Ver1.0.5をリリースいたしました。 ※ 複数のポートを自動処理できるようになりました。これに、複数のブロックチェーンを持たせます。 ※ チェックポイント(71270)を更新いたしました。 ※ The SorachanCoin connect to two or more ports with automatic processing. ※ The SorachanCoin is supported to two or more blockchains. ※ IUEC updated the checkpoint(71270). IUEC released SorachanCoin-qt Ver1.0.5. – IUEC

>> SorachanCoin-qt Ver1.0.5

https://www.iuec.co.jp/

ブロックチェーン36, SorachanCoin-qt Ver1.0.4をリリースいたしました。 IUEC released SorachanCoin-qt Ver1.0.4. – IUEC

※ boostの最新版導入(高速化)および、OpenSSLからLibreSSLに暗号処理を切り替えました。
※ チェックポイント(60880)を更新いたしました。
※ IUEC shifted from the OpenSSL to the LibreSSL with the latest version of the boost-Library.
※ IUEC updated the checkpoint(60880).
>> SorachanCoin-qt Ver1.0.4

https://www.iuec.co.jp/

ブロックチェーン35, SorachanCoin-qt:LibreSSL-2.8.2に対応いたしました IUEC completed the validation of operation in the LibreSSL. – IUEC

本日、LibreSSLにて動作の確認を完了いたしました。
※ 数日以内に、新しいウォレットをチェックポイントのメンテナンスを添えてリリースいたします。
なにとぞよろしくお願いいたします。

https://www.iuec.co.jp/

ブロックチェーン34, SorachanCoin-qt:boost-1.68(最新版)への対応について About the Supported to boost-1.68 (latest edition). – IUEC

boostの件、1.66以降にて、basic_socket_acceptorのtemplate引数が異なるため、バージョンで分けて対応する見込みとなりました。
=> 完了いたしました。(Github更新済みです)
また、脆弱性へのリスクを低減するため、暗号処理の部分をOpenSSLからLibreSSLに移行する予定です。(こちらも修正が若干必要)
なにとぞよろしくお願いいたします。

Since the template arguments of basic_socket_acceptor were different, it was likely to part and respond by boost-1.66.
= > It completed.
(It is ending with the updation of Github)
Again, in order to reduce the risk to brittleness, it is due to shift to the LibreSSL from the OpenSSL.

Before boost-1.65:
※ https://www.boost.org/doc/libs/1_65_0/doc/html/boost_asio/reference/basic_socket_acceptor.html
template<
typename Protocol,
typename SocketAcceptorService = socket_acceptor_service>
class basic_socket_acceptor :
public basic_io_object< SocketAcceptorService >,
public socket_base

After boost-1.66:
※ https://www.boost.org/doc/libs/1_66_0/doc/html/boost_asio/reference/basic_socket_acceptor.html
template<
typename Protocol>
class basic_socket_acceptor :
public socket_base

https://www.iuec.co.jp/

ブロックチェーン32, SorachanCoin-qt Linux/UNIX版(64bit/バイナリ版)をリリースいたしました。 IUEC released the SorachanCoin-qt Linux/UNIX version(64bit/Binary). – IUEC

※ Ubuntu14, Ubuntu18にて正常な動作を確認いたしました(^^;。
※ The SorachanCoin-qt can operate Ubuntu14 and Ubuntu18.
>> SorachanCoin-qt Wallet Download

https://www.iuec.co.jp/