コツコツと「自分で」管理

こんにちは!
データクラッシュ復旧センターの茂木です。

最近の夜は、一杯飲みに出かけるのが、飽きてきたせいか、自宅飲みをしています。

そのせいか、記事を見るのが多くなりました。
中東への逃亡や戦争の情報などが、多い傾向でした。

このような要素で暗号資産の価格が反応するため、コツコツとやっています(;^_^A

あとゴールドです。ただね、こちらは埋蔵量に疑義あり、のような内容をみたことがあります。
先物なんかでは、すでにその埋蔵量を大きく超えた分が出ているとか、そんな感じだったと思います。

それに対して暗号資産は、発行上限があるならば、それで全部です。ただし、こちらも「発行上限なし」があります。例えば、DOGEです。

あと、国債か。ただ、国債ができた当時、こんなやり方で「巨額」を集めて、果たして大丈夫なのか、という否定的な論文が、多かったと思います。そして、その結論がいよいよ……、今の状況なのかもしれませんね。

株式も、膨れ上がった分で、いつかはくるとは思いますが(新興はきているようですが……)、あの界隈は素直じゃないので……個人投資家を「大損」させてから、です。これは間違いないです。
やたらと賑わいをみせていたVIX短期先物とかで勝負も、ほどほどにしないと、やられます。
皆様も、踊らされないように、気を付けてください。

そんな事にならないように、「自分で」資産管理の準備をしています。
おっと! ここで、間違っても、このような管理の「他人任せ」は厳禁です。
他人任せにした瞬間、途中が良くても利益確定させてもらえず、最後はすべてなくなるのが定石です。そういう界隈です……。
え……? なくなった分は、その他人様にいくのであります。はい。

週末は、いつも、ブロックチェーンで遊んでいます(^▽^)/

こんにちは!
データクラッシュ復旧センターの茂木です。

色々なコインのマイニングを始めて3年になります。(o^―^o)ニコ
最近は、少量コインの売り買いで、遊んでいる程度です。(;^_^A
地道に、コツコツと、BTCと交換しています。BTCが上がってきたので楽しみです。

ただ、週末のみのですけど(;^_^A

ドライブの故障を予測するとされているS.M.A.R.T.

本日は、 ドライブの故障を予測するとされているS.M.A.R.T.の怖さを改めてまとめます。

正常ステータスで壊れたり、注意ステータスで何年も使えてしまうのは、これが原因です。
代替作業は、それこそ新品のドライブでも起きます。
なぜなら、新品の状態でも代替セクタが僅かですがあるからです。

AIまでご登場で20年で大きく進化してきたITが、なぜが20年前のままなのが、このS.M.A.R.T.です。

ブロックチェーン活用のドライブ検査ウォレット

SLC,MLCの場合は完全スキャンのみで良いのですが、近年の多層SSD(3D NAND等)の検査では不完全な事が掴めました。
※ 情報エントロピー(乱雑したデータ量の割合に関する指標)が低いと正常だが、高いとエラーとなるものが多く出回っているためです。これを調べるため「乖離率ベンチマーク」があります。
完全スキャンの他に、こちらをさらに実行いたしまして、A~Fが25%以下ならば大丈夫です。

ただ、毎回「完全スキャン」「乖離率ベンチマーク」では面倒です。
さらに、基準の25%以下の点も、これでは、この先どんどん登場するSSDに普遍的に対応できるとは思えません。
※ SSDの機種別に「力ずく条件式」で対応なんて・・・絶対に嫌ですニャ。(途中で破綻するニャ・・)(^^;

そこで、ブロックチェーンの登場です。
基準のしきい値をブロックチェーンに刻んでいき、50%以上の同じ情報を正として扱います。
ブロックチェーンの合意形成システムを上手く活用していきたいと思います!

なにとぞよろしくお願いいたします。m(__)m

SSDの温度 – IUEC

ドライブ監視機能のS.M.A.R.T.でお馴染みのC2属性・・・ドライブ温度です。
ハードディスクでは大事な要素ですが、SSDの場合は・・どうでしょうか?

パソコンでSSDを利用される場合は、特に気にする必要性はない要素となります。
寿命を左右するのは、やはり温度なんかよりも「書き込み回数」です。(ブロックチェーンで確認しました・・)

しかしです。いつも持ち歩いているアレの場合はどうでしょうか?
例えば、すぐ真横には性能評価に大きく関わるバッテリーがあります。
ブロックチェーンの書き込みやノイズに耐えられても、エネルギーの効率が悪くて発熱が大きい場合、このバッテリーに影響が出ます。バッテリーに影響が出てしまうのは・・ダメですよね。絶対に避けなくてはなりません。

この程度の話でも、明暗を分けてしまうのです・・。以下のような会話が出てくる時代、案外、早いかもしれません。

私のは常時フルノード・ブロックチェーン対応でPoSで資産も増えていくんだけど・・、
君のは構造的に常時フルノードのブロックチェーン、ダメみたいだね?ありゃ、今の時代でそれは不便だね。
ん、なんだい? 常時フルノードじゃなきゃ何とか・・って、それは厳しいよ
完全を要求される「安全性重視」のブロックチェーンは、完全に同期させないと、トランザクションを出せないんだよ?
私のは常にいつでも安心の「完全同期」だから、いつでも片手で、自動運転タクシーを呼べるんだよ?
君のは・・あちゃ、同期するまで30分待ってからかい?そんなんなら、外に出て、拾った方が早いよ・・。あはは。

https://www.iuec.co.jp/

複数のブロックチェーンでも安定・・INTEL-SSD

INTEL-SSD・・・10年以上前のもの(^^;から、少し古いものまで現役で動作しております。
※ 最近も何枚か増えましたので、ベンチマークを添えて公開いたします。
特に、複数のPoSのブロックチェーンを常駐させても、問題なく安定しております。これは大事な点です。

なぜならば、PoSの報酬はCPU・GPU・ASICによる仕事ではなく・・「ネットワーク貢献」に応じてコインがいただけるため、一つではなく沢山のウォレットを一つのパソコンに立ち上げるのは当たり前だと思います。そして、常駐させます。

これがです・・、SSDにとっては過酷な環境だったりします
ブロックチェーン内部に決まった一定時間おきにブロックが生成しますので、この更新分を常に読み書きいたします。
これを立ち上げたウォレットがみんな一斉に・・ほぼ同時(ブロック生成時間が同じ位なため)に読み書きしてきます。

近い将来、ブロックチェーンはパソコンだけではなく、いつも持ち歩いているあれなんかにも入ってくるとみております。
いまはコイン(^^;ですが、他にも沢山の使い道がありますので、もう避けては通れないと思います。
それで、フラッシュの記録部分が頻繁に壊れるようでは困りますし、
某メーカさんの機種だとフラッシュを自分で入れ替え・増設・換装できないから、壊れたら修理になってしまいますね(^^;。
しかもボード交換じゃ大変です。何があっても壊れない・壊れにくいフラッシュが必要となってきます。

だから・・?最近・・クアルコムではなくインテルに・・?いや、これは単なる憶測です。ニャニャニャ。
https://www.iuec.co.jp/

ブロックチェーン2, 何とか始動2(^^; Start-up BlockChain Part2 – IUEC

順調にブロックが積み上がっております。
採掘(PoW)はこのままにいたしまして、鋳造(PoS)の動作を確認次第、次はチェックポイントです。
何度も作っては壊し(^^;を繰り返してきましたので、しっかり対応できると思います。
※ ブロックチェーンには時間の制約がある事がわかりまして、ここが難しいかな・・とみております。
仮にですが、数日の間(チェーンが長くなれば数週)、ブロックチェーンが停止してしまった場合、そのチェーンの信用が低下していきます。
よく、「ブロックチェーンが止まっているんだけど、再開はいつなのか?大丈夫だよな?」みたいなのをみかけます。
さすがに・・、数ヶ月もブロックチェーンが止まっているものは・・・・です(^^;

When the blockchain has stopped several days (they will be several weeks if a chain becomes long), trust of the chain falls.
Everybody whispers.
Although the blockchain has stopped for a long time, when is a Resume?
That coin at which the blockchain has stopped “several months” is scam …

https://www.iuec.co.jp/

データ復旧作業日誌1, 開封されたドライブからのデータ復旧について Data Recovery from the Drives by which the top cover was opened – IUEC

ハードディスクドライブの開封によるデータ復旧は、データ復旧作業の最終手段となります。
理由といたしましては、現在のハードディスクは、上ぶたのネジを緩めて締め直すだけで正常な動作が期待できなくなる機種が多くを占めているためです。

そのため、ドライブを開封する前にビスの状態を把握する必要があるため、一度でも開封されてしまいますと、復旧難易度が向上いたします。

先日の話となりますが、ドライブの方をお客様ご自身で開封されてしまったドライブをお預かりいたしました。
ホコリを前提としたデータ復旧技術を活用いたしまして、プラッタ上に張り付くホコリを避けながらのデータ復旧となりました。
ただ、その周辺からヘッド先端が滑る症状を起こしてしまい、それらの滑る区間については何度も試行を重ねながら、過去に集めました動作に関するデータを活用しつつ自動制御いたしました。

多少のアクシデントにつきましては、制御に関するビッグデータ等の活用により、しっかりとデータが辿れるようになっております。
ご相談はデータ復旧に限らず無料となっておりますので、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

Data Recovery from the Drives which a top cover opens, It is the last measure.
IUEC utilized the data restoration technology on condition of the status that dust on the platter,
and became data restoration while avoiding the dust which sticks on a platter.
However, It cause the condition on which a head leading end slides.
It “automatic-control-did”, utilizing the data about the operation brought together in the Include activity within the last, Repeating trial repeatedly about those zones.

https://www.iuec.co.jp/