[Lab]:故障予測 パート4 (不良セクタの分布と増殖の関係3) – IUEC

いつも大変お世話になっております。
データ復旧担当(現:故障予測)の矢野と申します。

パート4 (不良セクタの分布と増殖の関係3):
昨日のパート3より、「不良となって読み書きできず、他への影響はない」から考えていきます。

他セクタへの影響がないのは、不良となったセクタが自分自身のみ単独で破損したことを意味いたします。これは、セクタを構成する磁性体の異常や剥離などが考えられます。このような場合は、あくまでも自分自身が破損しており、他への影響は起こりません。

ただし、そのような破損が出始めたということは、他にもそのような兆候が出始めているサインとも捉える事ができます。ただ、それはあくまでも単独のセクタ単位で破損の可能性が高まっているだけであり、多数のセクタが同時に破損する可能性とは結び付けられず、恐れている事態にはなりにくいです。通常のS.M.A.R.T.機能ではこのレベルを主に見抜くようですが、恩恵には中々至らないようです。(再配置カウントがこの例に相当いたします)

ところで、多数のセクタが同時に破損する可能性が高まるとは、 どのような状態を示唆するのか、具体的に考えてきます。
なぜならば、多数のセクタが同時に破損するという事は、データの損失に直接至ってしまうからです。
パート5より、より詳しくみていきます。
https://www.iuec.co.jp/

故障予測 パート5 (大容量PATA/SATAのHDD SCSI/SASのHDD 不良セクタの違いを考える)へ続きます。

[Lab]:故障予測 パート3 (不良セクタの分布と増殖の関係2) – IUEC

いつも大変お世話になっております。
データ復旧担当(現:故障予測)の矢野と申します。

パート3 (不良セクタの分布と増殖の関係2):
不良セクタは複雑な原因で発生いたします。

不良セクタに関しましては、概ね3通りに分ける事ができます。

1:不良となって読み書きできず、他への影響はない
不良セクタの一般的な内容です。論理(通常)フォーマットにて不良セクタを含むクラスタへ使用不可のマークを与え、データの損失を防ぐ機構が各OSに備わっておりますが、この機構はこのレベルの状況を前提といたしております。つまり、これから説明いたします2・3だった場合、このような付け焼き刃ではデータ損失を回避できません。

2:不良となって読み込めず、徐々に広がる
広がるため、先ほどの使用不可マークでは全く追い付かず、データを損失します。

3:不良となって読み込めず、ヘッドクラッシュ
そのままですね。
ヘッドの破損を誘発してしまい、BIOSにも認識できなくなります。
https://www.iuec.co.jp/

故障予測 パート4 (不良セクタの分布と増殖の関係3)へ続きます。

[Lab]:故障予測 パート2 (不良セクタの分布と増殖の関係1)- IUEC

いつも大変お世話になっております。
データ復旧担当(現:故障予測)の矢野と申します。

パート2 (不良セクタの分布と増殖の関係1):
S.M.A.R.T.が正攻法で使えない事実(パート1参照)がある以上、
別の手段を模索する必要が出てきました。

ところで、 データ復旧サービスではハードディスクの型番別に「不良セクタマップ」と呼んでいるバイナリで書き出されたデータを大いに活用いたします。
具体的には、不良セクタの位置、相互的な関係、種類、専用メソッドをまとめてバイナリにいたしまして、データスキャン作業へ組み込んで利用いたしております。
技術的な差が出てくるのは不良セクタの相互的な関係と、専用メソッドです。
相互的な関係を読み取り、その内容で専用メソッドの動作が多角的に変動いたします。
これにより、壊れかけのハードディスクでもより安全にセクタのイメージを取得できる訳です。

そこで、「不良セクタマップ」は不良セクタの位置をある程度予測できる機能があります。これを故障予測に持っていければ、S.M.A.R.T.に100%頼らずとも精度の高い予測が可能となるかもしれないと考え、早速試験的なプログラムからスタートいたしました。その着手がちょうど1年前の2008年9月24日です。 https://www.iuec.co.jp/

故障予測 パート3 (不良セクタの分布と増殖の関係2)へ続きます。

[Lab]:故障予測 パート1 (S.M.A.R.T.) – IUEC

いつも大変お世話になっております。
データ復旧担当(現:故障予測)の矢野と申します。

シルバーウィークより配置が変わりまして、
データ復旧作業専属から故障予測事業部担当となりました。
ただ、それでも半数(以上?)はデータ復旧作業も担いますゆえ、
故障予測専属というわけではありませんが、ブログを編集できる時間が確保できました。本日より詳細な情報を掲載できると思います。

パート1 (S.M.A.R.T.):
ストレージの故障予測では、
一般的にS.M.A.R.T.と呼ばれるコマンドを発行いたしまして、
指定の構造体へデータを書き込んでいただき、それを受け取る形式となります。
実際には、ストレージ(HDD,SSD)とユーザが扱うユーザモードの間にはWindows(カーネル)が存在いたしますので、直接ストレージへ発行できる訳ではなく、危険性の少ない至ってノーマルな方法でコマンドを発行します。
結局はWindowsの仕様通りに発行する手順を経由するはずです

受け取ったのち、S.M.A.R.T.の仕様通りに編集いたしますと、
仕様に沿った属性へ値が入ります。
この値をしきい値(故障と判断する値)と比較して故障予測が成立いたします。
・・いえ、成立するはずでした。

ところで、しきい値が存在するのに、
それら具体的な予測方法が一切示されておらず、なんか宙に浮いたまま現在に至っている、そのような受け取り方もあると思います。

そして、データ復旧サービスを通じて分かったことは、
障害を起こした直後のS.M.A.R.T.値、ほとんど当てにならないということです。
不良セクタが大量に増殖して初めて値が増加すると考えて過言ではありません。
しかしながら、肝心なことは不良セクタが大量に増殖してからでは遅いということです。

https://www.iuec.co.jp/

故障予測 パート2 (不良セクタの分布と増殖の関係1)へ続きます。

[データ復旧サービス] 故障予測までサポートする新しい形 その1- IUEC

更新頻度が低く、大変申し訳ございません。
「故障予測までサポートする新しい形」の題材で更新していきたいと思います。
ハードディスク/SSD検査・故障予測・データ復旧 FromHDDtoSSD の詳細な設定方法も、こちらで掲載していきたいと考えております。
※ 故障予測機能とデータ復旧機能に関しましては、基本的には自動設定で運用できますが、詳細な設定をいたしますと、より一層動作が良くなります。 https://www.iuec.co.jp/

[データ復旧サービス] 故障予測までサポートする新しい形 その1

FromHDDtoSSD [その3] – IUEC

大変お世話になっております。

Ver1.2の方、予定より遅くなってしまい大変申し訳ございません。


非常に簡単な操作で完全スキャンをご利用いただけます。
まず、インストールは不要です。プログラム単体で動作いたします。
FromHDDtoSSD.exeを実行し、対象ドライブを選択、完全スキャンをクリックするだけです。細かい設定等は一切なく、全て自動調整されますのでご安心ください。

ただ、全セクタをスキャンする性質上、お時間を要します。
よって頻繁に実施できる検査ではなく、ある程度のインターバルをおいて行います。
HDDに加え、SSDにも対応いたしております。
※ SSDは現在データ入力中^^;)で、上の不良セクタ検知は有効ですが、
下の動作安定度は機種によっては正常でも乱れる場合がございます。
この点を解決するため、メーカ別に検査用データを用意して実行する「完全スキャン2」を製作中です。
また、折角の機会なのでHDDもメーカ別に検査用データを用意、精度を上げます。
完成次第、バージョンが上がりまして完全スキャンがこの「完全スキャン2」となります。

https://www.iuec.co.jp/

次回へ続きます。

FromHDDtoSSD[その2] – IUEC

大変お世話になっております。

[HDD:不良セクタが出始める前に壊れてしまう事があるのでしょうか?]
不良セクタとは読み込み不能となったセクタを指しますが、
不良セクタの出始めが故障のサインではないのが大容量HDDの難点です。

容量の小さい頃(40GB未満)は、不良セクタが生じてから故障に至る可能性が高く、
不良セクタ監視でも差し支えなく運用できましたが、これは大容量HDDに通用いたしません。

大容量HDDには以下(図1)のような壊れ方がありまして、データ復旧サービスをご利用いただく方の大半がこの症状です。
※ おっと、まだ見方を説明いたしておりませんね。次回詳しくご説明いたします。
バックアップを見落としがちとなってしまうには訳もありまして、
故障の前兆がないから分からないのです。
では、次回はこのスキャンを実際に使いまして、調べてみましょう。 https://www.iuec.co.jp/

図1:

Macのデータ復旧をご検討の方 – IUEC

Macintoshご依頼に関しましては、以下の3点をお伝えください。
障害発生の際の状況
(できるだけ詳しくお願いします)その際に行った処置
(例:First Aid)機種名及びハードディスクの容量 (不明な場合は省略可)
障害発生の際の状況に関しまして、他社復旧不能やサポートの診断を受けた場合は、 その状況に関しても詳しくお伝えをお願い致しております。3点をお電話またはフォームよりお伝え頂きますと、過去の実績から大よそのお見積もり、復旧成功可能性を算出しお伝えできます。

障害が発生した場合でも、速やかに落として頂き、処置を施し致しますと、 ほとんどの場合復旧できます。焦る必要すらありませんので、 お気軽にご利用いただけますと幸いです。
※ 上画像のようなHDD開封などをしてしまいますと、データ復旧成功率及び復旧率が大幅に下がってしまいます。
※ 修復ユーティリティを試され、明らかに効果がなさそうな場合は、それ以上深入りせずに電源を切る事も大切です。

https://www.iuec.co.jp/