データ復旧機能(ファイルシステム解析)にビッグデータの取り入れをはじめました – IUEC

いつもお世話になっております。開発担当の矢野と申します。

いよいよ、データ復旧機能(ファイルシステム解析)にビッグデータの取り入れをはじめました。
特に、今回はファイルシステムの解析にも取り入れる方針となりまして、
ドライブへの負荷を出来る限り削り、壊れかけドライブを簡単に扱える環境に向けて大きく前進いたしました。

■ これで、「つなぎ復旧」、「ファイルシステムへのビッグデータ解析取り入れ」の2つを揃えました。
そして、3つ目がメインとなる「自動復旧機能 R.E.C.O.A.I.」です。こちらは学習機能を備え、セクタレベルで制御を抑え込みます。

モードレスダイアログでその制御を監視できる上、スキャン中に調整もできます。

この3つで壊れかけドライブの悪化を抑え、データを復旧する流れを見込んでおります。

これからも、なにとぞよろしくお願いいたします。

https://www.iuec.co.jp/

※ インデックスレコードの解析を優先