復旧不定期日誌481, [ブロックチェーン:悲観的になる必要は皆無] 次元を変えられるNFTを実装です。これで複雑だった分散型の解析がシンプルなNFTで実施できます。実現したかったデータ復旧の分散型解析、これで決まりです。

投稿者: | 07/20/2022

データ復旧のためのドライブの状態に関する分散型解析、NFTで間違いなく実現可能となりました。

分散型……このたった一つのロジック実装がとても大変です。並列処理のネットワーク版ですから。もしブロックチェーンのアイデアに出会わなければ確実に無理でした。それくらい複雑で難しいです。

さらにNFTです。何度もNFTと書いてしまって申し訳ございません。でも、それくらい画期的なものです。ブロックチェーンの分散型の性質を、さらに使いやすく体系的にしたものがNFTです。

このNFTのアイデアにより、複雑になる分散型をよりシンプルに捉えることができて、確実な動作を手にして、安心して組み込めるようになりました。

複雑な物事を分解してシンプルな体系にする……大事な着眼点です。
SORA projectでは、これに「次元」の概念を投入して、分類できるようにしました。

この次元は、一つの点に対して何個の変数が対応できるか、を示します。

そこでまず所有権移転と投票機能を投入しました。これらは一次元で済みます。なぜなら、一つの点に対して一つの変数で済むからです。もし所有権移転であればその一つの変数がハッシュになります。