復旧不定期日誌460, [ブロックチェーンNFT] NFTのシンボル名に日本語をサポートいたしました!さっそく、「データ復旧NFT」「データサルベージNFT」などを作ってみました。ちなみに、NFTのシンボル名は「先願(早い者勝ち)」です。

投稿者: | 06/15/2022

SORAは、分散解析を目的とした「ドライブ検査」と「データ復旧」のためのブロックチェーンです。
これらは本チェーンの原点で、今後の開発方針から外れることは決してありません。
もちろん、NFTの各機能もたっぷりと搭載していく方針です(^^v。

シンボル名に日本語をサポートいたしましたので、さっそく、「データ復旧NFT」「データサルベージNFT」「HDD復旧NFT」「SSD復旧NFT」「RAID復旧NFT」です。
作業報告書の管理などに使おうと考えております。

おっと。ブロックチェーンのNFTシンボル名は「先願」です。つまり、早い者勝ちです。
これはSORA Networkに限った規則ではなく、ブロックチェーンのシンボル管理(コインゲコ、CMC等)で、同じシンボル名は「避ける」ようになっているためです。

つまり、ドメイン名と一緒(^^vですね。ドメイン名だって90年代にさっさとね……(^^;、です