復旧不定期日誌444, Web3.0/NFT「暗号のメモ帳」自動圧縮と自動展開に対応いたしました。

投稿者: | 04/12/2022

データの内容を圧縮・展開する機能を付与いたしました。
すべて自動最適化済みで、圧縮・非圧縮に関係なく全自動です。
※ 設定等はなく、すべて自動で判断および最適化しております。

これで、ブロックチェーンにデータを埋め込める技術が確立できました。
読み書きが自由自在となるので、もう一つ、面白そうなものを導入いたします。

それは、ブロックチェーン署名を活用した投票システムです。お試しですが入れてみます。
自分しか持てない秘密鍵を活用し、「投票」および「書き込み」を可能とする仕組みで、その投票および書き込みは「確実に自分自身のものである」と日時付きで証明できる機能です。「スパム」や「なりすまし」などができません。なぜなら、秘密鍵は自分以外持てないから、です。

Web2.0時代は「スパム」「なりすまし」し放題で、すでに統制は無理な情勢ですね。これで投票なんかしたら「スパム」「なりすまし」の星5ばかりか、逆の星1ですかね。あれらはお金で雇われた者たちが組織的にやっている、と、10年以上前から言われてきています。

すでに、あの星5や星1は信用がないですからね。組織的となると、その星5や星1を信用させるために「他の投稿や身元証明(スマホの電話認証とかです)」まで付けて暗躍しています。某ショッピングサイトでは星5で偽物とか普通にありますし……。

電話認証付きのコメント星5なら安心? とんでもないですよ。Discordでも認証付きアカウントが、変な投稿で暗躍していますから、抜け道はたくさん、です

そこで、Web3.0/NFT ブロックチェーンの出番というわけです。すべての情報がブロックチェーンに刻まれ、自分の秘密鍵で署名が必須(署名しない「なりすまし」だと、トランザクションが他ノードに取り込まれません)です。完璧な仕組みが、そこにあります。