chapter344, [SORA] draft: renewal Whitepaper 6, About Business model

6, About Business model

  • So far, we have explained an overview of analysis to the sectors of a drive by a Blockchain.
    これまで、ブロックチェーンによるドライブのセクタに対する分析の概要について説明してきました。
  • Sector analysis is analysis for drives. In fact, we have been researching scan and recovery software for more than 10 years since January 2009. Then, will implement a Blockchain.
    セクタ分析は、ドライブの分析です。 実際、2009年1月から10年以上スキャンおよびリカバリソフトウェアを研究してきました。その後、ブロックチェーンを実装します。
  • By the way, on the other hands, the main point of view is the Business model. We consider to “simple is the best” here.
    ちなみに、一方で、主な視点はビジネスモデルです。 ここでは「シンプルが一番」と考えています。
  • First. Building a mechanism that consumes a certain amount of coins when copying “operator”. This is equivalent to a “network fee”. This provides a decentralized mechanism that supports appropriate rewards for miners while preventing over-access due to spam.
    その一。「作用素」をコピーする際に一定量のコインを消費するメカニズムを構築します。 これは「ネットワーク料金」に相当します。これにより、スパムによる過剰アクセスを防ぎながら、マイナーに適切な報酬をサポートする分散型メカニズムが提供されます。
  • Then next, you can get a license to use up the data recovery feature several times by spending coins. This is equivalent to a limited using license of the perpetual use license ($70 – $160) currently on sale.
    次に、コインを使うことで、データ回復機能を数回使用するためのライセンスを取得できます。 これは、現在販売されている永久使用ライセンス($ 70〜 $ 160)の限定使用ライセンスに相当します。
  • Only these two. It’s so simple, but there is a amount of demand. Because, year by year, the total number of drives used all over the world is increasing. We will challenge those drives with this business model.
    この2つだけ。 とてもシンプルですが、かなりの需要があります。なぜなら、世界中で使用されるドライブの総数は年々増加しているからです。このビジネスモデルでそれらのドライブに挑戦します。
  • In order to respond to high liquidity, we would like to constantly negotiate with Exchanges and building the best environment. (e.g. FinexBox: Finex drive chain)
    高い流動性に対応するため、常に取引所と交渉し、最良の環境を構築していきたいと考えています。(例: FinexBox: Finex drive chain)