chapter341, [SORA] draft: renewal Whitepaper 3, As a scan result, corresponds with vector

投稿者: | 10/12/2021

3, As a scan result, corresponds with vector

  • At one point, we will consider a vector that can handle multiple correspondences.
    ある時点で、複数の対応を処理できるベクトルを検討します。

e.g. concept of correspondence to point denote that if the scalar is only temperature, then the vector is both temperature and wind flow.
例えば、点への対応の概念については、スカラーが温度のみの場合、ベクトルは温度と風の流れの両方であることを示します。

  • Now, if we apply this logic to drive scan, let’s look at its mapping.
    ここで、この論理をドライブスキャンに適用する場合は、その写像をみていきましょう。
  • One factor is the state of sectors in the previous chapter, and it accompanies the reaction rate as pair.
    一つの要因は前章のセクタの状態であり、それはペアとしての反応速度を伴います。
  • And, we need to express as a space that we can recognize. When consider at the calculation, the best to fix size in 1 and equate only by rotation and movement.
    そして、私たちが認識できる空間として表現する必要があります。 計算で考えるとき、大きさを1に固定し、回転と移動だけで同一視するのが最善です。
  • If a HDD is scanned in this way and as a result all sectors are OK as scalar side and do not rotate as vector side too, that is, the representation of space does NOT become a “waveform”, that HDD is no problem.
    HDDがこのようにスキャンされ、その結果、すべてのセクタがスカラー側としてOKであり、ベクトル側としても回転しない場合は、すなわち、空間の表現が「波形」にならない場合、そのHDDは問題ありません。