chapter339, [SORA] draft: renewal Whitepaper 1, introduction

投稿者: | 10/11/2021

1, introduction

Welcome to SORA Network!
First, we would talk a concept in SORA Network.
SORA ネットワークにお付き合いいただき、誠にありがとうございます。
まず、SORAネットワークの概要についてお話しいたします。

1-A, About sufficient and necessary conditions for drive scan
1-A, ドライブ検査に対する十分条件ならびに必要条件について

  • Regarding HDD/SSD/NVMe, Let’s consider the logic from α to β below.
    HDD/SSD/NVMeについて、以下αからβに向けた論理を考えてみましょう。

α: Confirmation of normality by full scan.
β: There is no problem sequential and random read/write.
α: 完全な検査(完全スキャン)で正常性を確認
β: シーケンシャルおよびランダムの読み書きは問題ありません

  • First, scanning of HDD come to necessary and sufficient condition. Therefore, in the case of HDD, the old scan logic is no problem. Simply, just check the good or bad of a sectors.
    まず、HDDの検査は必要十分条件になります。それゆえに、古いロジック(Ver2以降)でスキャンされても問題はありません。単に、セクタの良し悪しを調査するだけです。
  • Next is the case of SSD/NVMe, necessary conditions is OK, but not sufficient conditions. Therefore, must be not only check the quality of a sectors but also a drive benchmark and so on used as other mapping.
    次にSSD/NVMeの場合です。必要条件は満たしますが、十分条件は満たしません。それゆえに、セクタの品質を調査するだけではなく、写像として利用されるベンチマークなども調べる必要があります。

1-B, Why is this result?
1-B, どうしてそのような結果に?

  • The reason is that the correspondence from state of sectors to scan results is that HDD is bijection, but SSD/NVMe is monomorphism.
    理由として、セクタの状態からスキャン結果への対応が、HDDは全単射であるのに対し、SSD/NVMeは単射であるためです。
  • In other words, even if you perform a sector scan on SSD/MVMe, they does not mean that they have been checked all target in flash memory due to monomorphism. Therefore, the sufficient conditions are not satisfied.
    言い換えると、SSD/NVMeのセクタ検査を実施しても、単射のため、そのターゲットとなるフラッシュメモリが検査されたことにはなりません。それゆえに、十分条件は満たしておりません

1-C, So what should?
1-C, では、どうするべきか?

  • First of all, “data protection” is the highest priority for drive scan. Because this aim to scan that are carried out to protect the data.
    まず第一に、「データ保護」はドライブスキャンの最優先事項です。 これは、データを保護するために実行されるスキャンを目的としているためです。
  • If you won’t need to protect data, there is one easy way to make a bijection with SSD/NVMe. That is to write “random numbers” to all sectors, in this case, sectors prediction management is not possible, so bijection is used.
    もし、データを保護する必要がない場合は、SSD/NVMeで全単射を行う簡単な方法が1つあります。つまり、すべてのセクタに「乱数」を書き込むことです。この場合、セクタの予測管理は不可能であるため、全単射が使用されます。
  • However, that doesn’t make sense.
    We need logic to determine when to replace a drive while preserving the data.
    しかし、それは意味がありません。
    データを保持しながらドライブをいつ交換するかを決定するロジックが必要です。
  • Therefore, we have adopted a mechanism that collects statistical elements in drive status by the Blockchain and sandwiches a mapping that converts monomorphism to surjection, as if it see object from inner to outer by a lens.
    Building that Blockchain … is one of the purposes of SORA Network.
    そのため、ブロックチェーンによってドライブ状態の統計要素を収集し、レンズによってオブジェクトを内側から外側に見るように、単射を全射に変換するマッピングを挟むメカニズムを採用いたしました
    そのようなブロックチェーンを構築することは、SORAネットワークの目的の1つです。