復旧日誌4 [HDD/SSD/RAID] リビルドについて

いつもお世話になっております。
本日はリビルドについて、です。

リビルドの前に、以下の二点を必ずご確認ください。
1、少しでもデータが閲覧できる状態かどうか
2、すべてのドライブが動いているかどうか

まず1です。
少しでも閲覧できるのなら、その見える限りで構いません、
出来る限りのデータのバックアップを「先に」お願いいたします。
リビルドは成功する保証が「ありません」。これがこの理由です。

リビルドに失敗すると、おそらく、全データにアクセス不能になります。
そのなる前に、出来る限りの見えるデータを取り出すのが、最善手です。

次に2です。
リビルドの前に、全ドライブが動いているのかどうか、その確認です。
もし動いていないドライブが一台でも存在した場合は、
リビルドの前に、その動いていないドライブを正常なものに交換いたします。
なぜなら、ドライブが欠落した状況でリビルドして成功したとしても、
当然ながら「欠落のまま」になります。
そして、経年劣化したドライブで構成されたまま欠落状態が続いてしまい、
ドライブへの負担も大きくなります。近いうち、また壊れるのは明らかです。
それゆえに、整合性をすべて書き出せる新しいドライブを準備しておくべきです。

ちなみに最良な方法は、バックアップを別に持つことです。
その場合はすべて新品に入れ替えてイニシャライズし、
バックアップからデータを移転するだけで済みます。