chapter127, ベンチマーク機能とブロックチェーンの融合

いつもお世話になっております。

 いつもお話しさせていただいております方が、SIM+生体認証にブロックチェーンを融合させた実験に成功したとのことで、にっこりでした。

 こちらは、ドライブの測定結果ですね。危なそうなドライブについて型番およびセクタの位置で事前に知ることができるだけでも、データの復旧率が跳ね上がります。そして、量産されているドライブについては、その故障個所が似ております

 それゆえに、RAIDを構築しても、同じ型番および近い製造日で組むため、壊れてしまいます。同じ場所が同じタイミングで壊れる可能性が高いのですから、これでは、RAIDであってもデータを保護できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です