こんにちは!
データクラッシュ復旧センターの茂木です。

昨日は大容量な肉うどんに挑戦! (;^_^A
前回、ギリギリの時間に滑り込んで食事ができたので、11:30に到着!
・・・幸運な事に、駐車場が1台空いていて、駐車可能。

ところが、店内に入ったら、すべて満席・・・(;^_^A
待つ事10分、ようやく着席し、注文・その間に15名来店・・やっぱりすごい
注文した肉うどん・・やっぱりカレーうどんと同じ量

しっかり完食です・・・(;^_^A やっぱり、量はある。
皆さんも、是非に挑戦してみて下さい (;^_^A

※ 帰る時、この寒い日に、外に20人まち、やっぱりすごい。

そして、大容量といえば・・SSDです。
急激に容量と性能が向上した影響で、・・熱問題に頭を悩ませているようです
少し昔までは、メモリーがこんなに発熱するなんて・・考えてもいなかったようです

そこでヒートシンクです。
おっと!こんな大きなものを付けてしまったら、デスクトップパソコン以外では使えなくなってしまいますね。
まさか、いつも持ち歩いているアレにヒートシンクを付ける訳にはいきません (;^_^A
それどころか、さらなる軽量化と薄さを要求されている・・でしたよね。

そこで、発熱を抑えるために、決められた最大温度を超えると性能を下げる措置が行われているようです。
しかし・・肝心のその性能を要求してくるのが、次の売り物で間違いない5Gだったら・・ね?(;^_^A

こういう分野って、そのような僅かな差(下げた性能分)で・・「全部」他に持っていかれるとか普通にありますからね・・。

例えば・・各チップ性能制限で5Gを生かしきれていないAと、5Gを100%問題なく生かせるB。
これらが同じタイミングで世に登場なら、早い段階でAは市場から姿を消すことになると思います。
そう・・SSDが初登場した当時、プチフリのSSDが早々と消えていった・・あれと同じです。(;^_^A
ほんと、厳しい世界だと思います。

https://www.data-crash.com/