最後まで粘ってたCrucial製SSDもダメ(昨日故障)か・・INTEL製SSD以外は全滅・・・(ブロックチェーン) – IUEC

昨日、最後まで粘っていましたCrucial製SSDも故障いたしました。稼働期間は1年半ほどです。
これで、INTEL製SSD以外は・・全滅という結果に至ります。

一応、どのメーカさんのSSDも「3年保証」~「永久保証(USBメモリ)」となっているのですが・・(^^;
書き込み回数が急増するブロックチェーンで、その真価が問われるという展開になりました。
とりあえず言えることは、この保証期間は全く参考にならないということです。

5GやIoT、AIにて、大量の情報が常に行き来するとなると・・書き込み回数や熱問題は無視できません
いつも持ち歩いているアレなんかは、交換が大変な機種(ボードに直付け)もありますので。
また、交換できてもフラッシュや他チップの熱問題でバッテリーの寿命に影響が出るとかでは困ります。

このあたりから、5GやIoT、そしてAIの勢力図が決まってきそうな勢いがございます
性能やアーキテクチャなどの要素の重要性は、その次の次の次くらいですかね・・・・・

https://www.iuec.co.jp/

故障したCrucial製SSDのスキャン結果です。
修復不能な赤の危険セクタが多数検出されていますので、すぐに交換です。
そして・・・これが最後の逃げ場(^^;です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です