INTEL-SSD・・・10年以上前のもの(^^;から、少し古いものまで現役で動作しております。
※ 最近も何枚か増えましたので、ベンチマークを添えて公開いたします。
特に、複数のPoSのブロックチェーンを常駐させても、問題なく安定しております。これは大事な点です。

なぜならば、PoSの報酬はCPU・GPU・ASICによる仕事ではなく・・「ネットワーク貢献」に応じてコインがいただけるため、一つではなく沢山のウォレットを一つのパソコンに立ち上げるのは当たり前だと思います。そして、常駐させます。

これがです・・、SSDにとっては過酷な環境だったりします
ブロックチェーン内部に決まった一定時間おきにブロックが生成しますので、この更新分を常に読み書きいたします。
これを立ち上げたウォレットがみんな一斉に・・ほぼ同時(ブロック生成時間が同じ位なため)に読み書きしてきます。

近い将来、ブロックチェーンはパソコンだけではなく、いつも持ち歩いているあれなんかにも入ってくるとみております。
いまはコイン(^^;ですが、他にも沢山の使い道がありますので、もう避けては通れないと思います。
それで、フラッシュの記録部分が頻繁に壊れるようでは困りますし、
某メーカさんの機種だとフラッシュを自分で入れ替え・増設・換装できないから、壊れたら修理になってしまいますね(^^;。
しかもボード交換じゃ大変です。何があっても壊れない・壊れにくいフラッシュが必要となってきます。

だから・・?最近・・クアルコムではなくインテルに・・?いや、これは単なる憶測です。ニャニャニャ。
https://www.iuec.co.jp/