こんにちは!
データクラッシュ復旧センターの茂木です。
皆さんご存知でしょうか?
ハードディスクの故障率は、メーカー発表で、出荷台数年間約24万台中の1.5~2%の故障があるそうです。(最大約5000台の故障)(;^_^A
これは、あくまで、メーカー修理台数です!

壊れた大事なデータ復旧をするのに、最近では大容量のHDDが多い為に、なんだか壊れやすくなっているような気がします。
最近は、SSDが主流ですが、壊れやすさは、SSDの方がHDDと比べて壊れやすくなっています。特にSSDなどのフラッシュは、仮想通貨ブロックチェーンのフルノード(特にPoSのウォレットを複数常駐させる使い方)には注意です。次々と壊れます・・負担が大きいのかな。よくフラッシュでみかける永久保証や3年保証など全く意味をなさない・・(;^_^A

確かに、最近安売りをしている値段の安いHDDの壊れる率は、弊社でも上がってきていますので、あくまで、バックアップで使用するのは良いですが、あまり寿命が持たないので、購入時には十分注意を払って購入して下さい。

また、壊れた際の連絡は、気軽に連絡してください。

https://www.data-crash.com/