[データ復旧サービス] データ復旧業者様向け(パートナー様向け) スキャンマスターの更新に関するお知らせ – IUEC

いつもお世話になっております。
担当の矢野と申します。

ブログの更新が思うように進まず、大変申し訳ございません。
故障予測(FromHDDtoSSD)およびデータ復旧業者様向け(パートナー様向け)の解析ツール(DIRECTSCAN,スキャンマスター,RAIDマスター,データ再構築ソリューション)の開発に関しましては、順調に進んでおりまして、この場を借りてお知らせいたします。

※ データ復旧には3段階を必要といたしまして、
状態判断の初期診断作業、これ以上破損させずにセクタのイメージを取得するデータスキャン、
そしてイメージを再構築してデータを得るデータ再構築です。

これらのうち、データスキャン作業では、パソコンの他にやたらと変な装置(外付ハードウェア)を沢山繋ぎ、その上で制御するのが主流だったのですが、(海外のやり方です)
これをパソコン(Windows)のみでソフトウェア制御し、低コストおよび利便性を向上させたのがスキャンマスター,RAIDマスターです。また、内部の更新はパターンファイルで行う事ができますので、更新の早いHDD/SSDにも柔軟に対応する事が可能です。
※ 大容量HDD/SSDが登場する度にハードウェアの買い替えでは厳しいです。(海外)

[更新(ソフトウェア自体の更新です):Ver2.0 => Ver2.1]
スキャンマスター:単一ドライブに対する高度なデータスキャンを提供
RAIDマスター:TeraStation等のRAIDに対する高度なデータスキャンを提供

https://www.iuec.co.jp/

なにとぞよろしくお願いいたします。