ファイル転送サービスをオープンいたしました – IUEC

いつも大変お世話になっております。
データ復旧担当(現:故障予測)の矢野と申します。

毎日の更新を心がけていたのですが、ここ数日はファイル転送サービス構築の方に回っていたため更新できず・・でした。大変申し訳ございません。
こちらが落ち着き次第、再開いたします。

データ転送/ファイル転送サービス (100MB 無料)
http://www.junkhdd.com/

なにとぞよろしくお願いいたします。

データ復旧の方が落ち着き次第、再開いたします – IUEC

いつも大変お世話になっております。
データ復旧担当(現:故障予測)の矢野と申します。

毎日の更新を心がけていたのですが、
ここ数日、データ復旧の方に回っていたため更新できず・・でした。
大変申し訳ございません。
データ復旧の方が落ち着き次第、再開いたします。

なにとぞよろしくお願いいたします。
https://www.iuec.co.jp/

[Lab]:故障予測 パート17 (不良セクタとパーティションの関係1&復旧エンジニアが複雑な方程式を電卓で朝から晩まで・・?) – IUEC

いつも大変お世話になっております。
データ復旧担当(現:故障予測)の矢野と申します。

故障予測 パート17 (不良セクタとパーティションの関係1)

パーティションが見えなくなる障害といたしましては、MBRの損傷という点は前回お話いたしました。

しかしながら、大容量HDDの場合、不良セクタが1個所で済む事はなく、多発する方が多くございます。

そこで、多発する不良セクタの位置を考えていきます。あ・・FAT32です。
まずはじめに、MBRを損傷した場合、パーティションに関するデータを失います。
しかしながら、実際のデータとは関係がないため、失われた分は問題なく探す(位置とサイズ)ことができます。

では・・探すとしても、失われた分を補える手掛かりが必要です。
MBRの次は、領域情報を抱えてBPBと呼ばれる部分へ飛びます。

ここで、BPBの姿(構造体)をチェックしましょう。
サイズは1セクタ分(512バイト)で、さらには1セクタ当たりのバイト数や、
1クラスタ当たりのセクタ数を表すメンバを持ちます。
そのような事実上固定値と化したメンバ(1セクタ当たりのバイト数)や、
使えそうなメンバを全セクタスキャンで探します。
そして、固定値が一致したら他メンバを読み取って論理構造を判断します。
また、構造体のサイズと1セクタ分のサイズが一致すれば、
無関係なセクタを再解釈しても、無意味な数値が並ぶだけで、
エラーとして除外すれば良いだけです。(無効なメモリを指す事はないです)

※よくデータ復旧業界にて、
「担当エンジニアがバイナリレベルで複雑な方程式を電卓で朝から晩まで・・・」
という話があるそうですが、これはおかしな話です。

バイナリに関しましては、インテル系の場合はリトルエンディアンゆえ、
そのまま並ぶのではなく、下位からデータが収められます。
つまり、人間が解釈するには悩ましく、これに複雑な方程式?とは使途不明です。
そんな事をする位なら、手元にある「パソコン」を大いに活用しましょうよ・・となります。電卓なんかよりも遥かに速いです。というか、比べ物になりません。
そして、それで時間を要したから「費用が高額」ではお客様も全く納得できないと思います。パソコンでやっても、手作業でやっても、得られる成果は同じです。
https://www.iuec.co.jp/

次に、拡散した不良セクタを考えます。
・・・次回に続きます^^;)

故障予測 パート18 (不良セクタとパーティションの関係2)へ続きます 。

[Lab]:故障予測 パート16 (パーティションが見えなくなる2) – IUEC

いつも大変お世話になっております。
データ復旧担当(現:故障予測)の矢野と申します。

故障予測 パート16 (パーティションが見えなくなる2)

今回はMBRの役目について考えてみます。

0番目のセクタに存在いたしまして、サイズは512バイトとなります。
※1セクタあたりのサイズゆえ、HDD/SSDの場合は現在512バイトです。

ところで、基本領域という言葉がご存知でしょうか?
実はこの領域、有限となりまして、最大で4つまでとなります。

一つの基本領域は16バイトで構成され、その16バイトにサイズや位置などが格納されております。
また、446バイト目から始まっております。
それゆえ、4パーティションが最大値となっております。
※それ以外には、各種ローダー(プログラム)が収められております。
このプログラムがパソコンを起動するための最初の命令となります。
この命令にて、領域情報を抱えて次のステージへ進めます。
※よって、起動ドライブ以外は領域情報のみで、
それ以外の部分は空白、またはベンダー独自の値が格納されております。

つまり、パソコンを起動するための命令と、各データが収められた領域情報を抱えておりますので、
このセクタが破損いたしますと、起動できなくなります。
つまり、このセクタが不良セクタとなりますと、自力修復は不可能となります。
ハードディスクを取り外しまして、データ復旧作業が必要です。

また、ブートできないゆえ画面は真っ暗のままフリーズいたします。
そしてこれが、ハードディスク重度の物理障害と同様の症状となります。
画面が真っ暗だから「ヘッドクラッシュ」等と断定する事はできません。
まずは初期診断を頼りにしていただければ幸いです。

※次回より少々難しくなるかもしれませんが、お付き合いいただけたら幸いです。
なにとぞよろしくお願いいたします。
https://www.iuec.co.jp/

2019年1月追記:近いうち、最近の方式(GPT)についてもまとめたいと思います!!

[Lab]:故障予測 パート15 (パーティションが見えなくなる1) – IUEC

いつも大変お世話になっております。
データ復旧担当(現:故障予測)の矢野と申します。

故障予測 パート15 (パーティションが見えなくなる1)

本日より、パーティション情報の取得を考えていきます。
実際に拝見してみると分かりますが、上手く出来ているものです。

FAT,NTFSなどの言葉はご存知と思います。
これらはファイルシステムの名前です。
パーティションはあくまでも「区切り」ですので、ファイルシステムと直接的な関係はございません。
また、この点は分かり易さの点から考えても好ましいです。

イメージ的には区切りを作って、その与えられた範囲内を論理フォーマットして、利用開始となります。
ここで「論理フォーマット」という言葉が出てきましたが、これはファイルシステムの初期状態を作り出すという意味です。
例としてFATの場合はFAT1,FAT2の確保やルートを初期化した状態にいたします。

ところで、コンピュータがそのようなセクタレベルの操作を行う際は、必要以外のセクタには触れません。これがデータ復旧に繋がっております。
つまり、データが残存した状態にて誤ってフォーマット(この場合も論理)した場合でも、初期化にするためのセクタ以外には触れませんので、データが残存している訳です。

そして、エントリスキャン&クラスタスキャンでデータを回収する事ができます。
なお、裏を返せばフォーマットしてもデータが残ってしまう点が重要です。
よって、機密データの場合は物理的破壊などの手法が採用されます。
※ジャンカーにとっては見るに耐えがたい光景ですが、我慢我慢・・。

さて、「区切り」の情報をどこに作成すれば効率的か。
ファイルシステムよりも先に読み込む必要がありますので、統括でき、さらには最初に読み込める都合の良い場所・・それが0番目のセクタ、すなわちMBRと呼ばれている場所です。
https://www.iuec.co.jp/

故障予測 パート16 (パーティションが見えなくなる2)へ続きます 。