[番外編] 長期保存にハードディスクが向いている?- IUEC

FromHDDtoSSDサポート・・長期保存にハードディスクは最適なのですか?
※ 本内容のご質問が相次いだため、 本ページにて解説させていただきます。

※ 結論から申し上げますと、長期保存には適しておりません。以下、図Aおよび図Bを拡大してご参照ください。

劣化を表す経年劣化計は0です。つまり、交換時期を既に過ぎております。
(重要なデータは50、さほど重要でない場合も20で交換します)

ところで、累積時間と電源投入回数をご覧ください。835時間&106回です。
そして、このドライブはIC35Lシリーズ(型番参照)なので、既に7年前のものです。
すなわち、はじめ数ヶ月(1日8時間で約3ヶ月半)使ったが、後は放置状態で保管されていたドライブですね。

定期的に、別のドライブにセクタ単位で引っ越しさせる使い方がベストと判断できます。

https://www.iuec.co.jp/

[データ復旧サービス] 故障予測までサポートする新しい形 その3- IUEC

[データ復旧サービス] 故障予測までサポートする新しい形 その3

ハードディスクやSSDが壊れた状態というのは、
色々な状況が考えられ、それゆえ復旧手順も異なっております。
例えば、領域ごとなくなった場合と、
領域は残ったが中身を参照できない場合とは、似ているようで大きく異なります。https://www.iuec.co.jp/

[データ復旧サービス] 故障予測までサポートする新しい形 その2 – IUEC

[データ復旧サービス] 故障予測までサポートする新しい形 その2

ついうっかり、ファイルを削除してしまう機会は多いと思います。
そのような場合でもフリー復旧機能:ディレクトリ&クラスタスキャンで復旧できます。
(現在、調整中です。使い勝手を向上させ、リリースいたします)

実は削除しても、データ自体は残っております。
データを消すというよりは、見えない形にしてしまうのが「削除」です。
なお、その部分は解放されておりますので他のデータが使えます。
よって、復旧できるのは他のデータに上書きされてしまうまでとなります。
気が付いたら速やかに復旧することがとても重要です。

https://www.iuec.co.jp/