驚異・2.5インチHDD32TB?・・容量改ざんのトラップです – IUEC

ポータブル外付けHDDのご依頼となります。 簡易検査にて<容量は32TB?>って・・。
HDDを取り外し調査開始、やはり32TBを吐いてくるのですが、
案の定・・37GB以降のアドレスは全てError。
実は、一旦他の業者にて診断済みの案件です。

とりあえず診断を依頼したところ、費用が32万円と高額で、
復旧をするのかどうか散々脅されて(これが最後の機会などと言われる)、
そこを蹴って、そのままその足で弊社にお持込いただいた案件となっております。
お話を伺う限り、中々返してくれず非常に参ったとの事で、
一体何をしていたのでしょうか・・・。
電話で解決を図ろうと試みるも3時間以上同じ事の繰り返しで埒が開かず、強引に取りに行き返してもらったとのことです。
14時お持込だったと思いますので・・
午前中一杯返却の旨でずっと揉めていたのか・・。最近はお目にかかれなくなりましたが、
HDD全体容量を消滅させる手法などはよく流れてきました。
つまり、HDD全体容量が0GBになっています。

こうすると、BIOSには正常認識致しますが、容量が0GBゆえ全く読み込めません。
巷では「オリジナルファーム」と名付けられていたようですが、
このファーム?のメリットが不明です。
実際、容量を修正すると何の問題もなく復旧できますので・・。

つまり容量の修正方法を知らないと、復旧できなくなるトラップですね。そして・・今回の容量オーバ。
一見、容量を消滅させるのと同じように感じられますが、
遥かに厄介な症状です。容量オーバの場合、BIOSに認識できなくなります。
認識できないと、容量の修正などの手段が閉ざされます。BIOSへの認識自体は必須ではなく一つの手段ですので、
他にも手段は沢山ありますゆえ、復旧は可能です。

但し、一番の最速復旧方法を取られるので、復旧完了までの工期が大幅に伸びる点が痛いです。
つまり通常方法では、復旧できなくなるトラップですね。今回の案件は軽い論理障害で、物理障害ではありません。
そもそも、物理的に壊れている場合はこのようなソフト的なトラップを仕掛ける事ができませんので
・・・まあ・・「これが最後の機会」と言い切って、他で出されてしまっては後で何を言われるか分からないため、
このような巧妙な手口でHDDを潰しているとも考えられます。

https://www.iuec.co.jp/

NetBurst搭載のノート – IUEC

莫大な発熱量で、ノートへの組み込むのには不向きなCPU(NetBurst)。
分からないように葬られたのですが、 それを知らずに(知る術がない)買った方も多いと思います。

やはり、その影響から他とは違う壊れ方を頻発し、HDD交換だけでは済まない場合が多いです。
HDD以外の破損の大半は、液晶のフレキなど可動部の消耗などですが・・・
さらに、HDDを巻き込んで故障する場合も多いので、
そろそろ寿命と割り切り、他に移行するのも良い時期かもしれません。

https://www.iuec.co.jp/

3.3V仕様の2.5インチ – IUEC

通常、2.5インチ(ノート用)HDDは5Vを使用しておりますが、 一部の機種にはロジック部分のみ3.3Vとなっているものがございます。 (レッツノート等)
これにより消費電力を抑える事が可能となり、バッテリー持続時間が向上します。
ただし、破損した場合は通常売られております5V-HDDが使えません。

5V-HDDのロジック供給ピンを折り、ノートパソコンに接続されない状態を作り出します。
すると、モータ部に供給されている5Vがロジックに回り、 ロジック部が3.3Vの機種でも通常のHDDを使用できる裏技も存在します。

https://www.iuec.co.jp/