データ復旧.com – Web3.0」カテゴリーアーカイブ

復旧日誌489, [ご利用方法 その2] FromHDDtoSSD v3は16フレーズをウォレット内部に保管していますか?

先日よりよくいただくご質問です。回答します。 鍵を生成するためのフレーズをウォレット内部に保管することは絶対にありません。さらに、このようなフレーズを他のプロジェクトやウォレットサービスと共通にしている……いわゆる同じフ… 続きを読む »

復旧日誌488, [ご利用方法 その1] FromHDDtoSSD v3 構築までの流れをご案内いたします。

v3がご利用可能な状態になるまでの操作方法がわかりにくく大変申し訳ございません。本日より5回にわけてご説明いたします。 まず、本ソフトウェア初回起動前に以下の2点のご用意をお願いいたします。※ 両方とも「フレーズ」ですが… 続きを読む »

復旧日誌487, Google Chromeからのダウンロード警告が再発しました。v3のみです。ブロックチェーン心臓部を改良(中身が変わる)と発生するため、どうやらWeb3に反応しているようですね。

まずFromHDDtoSSD v3は、ドライブ検査・復旧ロジックとWeb3(ブロックチェーン)ロジックを別々に開発しております。 以下の更新情報で「ブロックチェーンコアがv3.**.**になりました。」という一文がWeb… 続きを読む »

復旧日誌486, [SORA/Web3.0/NFT] Build: 5625に商用利用ライセンスを組み込みました。もちろんNFTによるライセンス管理を実現しております。

本日リリースいたしましたBuild: 5625に商用利用ライセンスの第一弾、検査系を組み込みました。※ NFT_SmartEditionというNFTでライセンス管理を実現しております。 ブロックチェーン – … 続きを読む »

復旧日誌485, [Web3.0/NFT] ブロックチェーンを活用するVPS性能チェッカー……なんてね。出したら怒られそうなので厳しいかな。

どうやらブロックチェーンはVPSの性能面で痛い部分を大いに突くようです。 その性質をNFTにしてVPS性能チェッカーを作ろうとすれば可能だと確信できるほどです。そのNFTを受け取り後、数日間ブロックチェーンが安定すれば「… 続きを読む »