Blockchain and sha256」カテゴリーアーカイブ

chapter392, [SORA] Next is a feature that can be completely restored wallet just by memorizing 16 phrases. With this, not only backup, but also hardware-based, paper and other wallets are “unnecessary”.

Restore the private key hierarchical with 16 phrases.Therefore if you memorize this, everything keys will rest… 続きを読む »

復旧不定期日誌428, データ復旧ソフトウェアの使い方 その15 自動復旧の使い方6 – ブロックチェーン対応 uint256のdiv、おや? 0で割ったら0になってますね。

0で割ったら、0になる?どうやらuint256の計算の結果、そうなっているようです。 これって、ブロックチェーンが0除法エラーで停止すると、信頼性に欠けるうえ狙われるから? かな。0で割られても0なら、プログラムは続行し… 続きを読む »

復旧不定期日誌427, データ復旧ソフトウェアの使い方 その14 自動復旧の使い方5 – ブロックチェーン対応 ヤコビアンに乱数シード?用途は……使い捨てウォレットかな。ただ、それはこのご時世、厳しくなりましたね。ちなみに現段階ではnullptrなので、どの実装のコインでも「無効」です。

楕円曲線暗号については、いよいよOpenSSLを外して、すべて「secp256k1ライブラリ」に移行します。※ BIP66適用で、pubkeyについてはsecp256k1だったのですが、いよいよ全部となります。 ところで… 続きを読む »

復旧不定期日誌426, データ復旧ソフトウェアの使い方 その13 自動復旧の使い方4 – ブロックチェーン対応 コアの開発

さまざまなデータを扱うためのコアの開発を進めております。 順調に進んでおりまして、今月中には一気に実装してまいります。※ 実装済みのコードを検証しながら有効化する作業を進めています。 なにとぞよろしくお願いいたします。

復旧不定期日誌425, データ復旧ソフトウェアの使い方 その13 自動復旧の使い方3 – ブロックチェーン対応 自動復旧の最適化問題とは?

自動復旧の最適化問題を、ブロックチェーンにお任せする機能です。色々とありましたが、v3 復活しております。 まず「自動復旧の最適化問題」とは? ですね。 例えば、以下の状況で、どの順序で復旧すべきか、を決める問題解決です… 続きを読む »

[重要:データ復旧サービス] なぜか日本の復旧業者に必須と謳われる「海外製の正体がはっきりしない復旧機材」に、お客様の大切なドライブをつなげても、果たして大丈夫なのだろうか……それは、15年以上前より、常に疑問がありました。そして、データ復旧用の機材は、なぜか「ロシア製」が多かったはずです。ところで、その機材の安全性は大丈夫だったのでしょうか? 結論、出ましたね。

データ復旧作業は、成功率が高い点に加え、作業を行う機材およびソフトウェアの安全性が非常に大切です。※ 例えば、httpsが暗号化されていることをよいことに「漏洩」とか、絶対に許されません。 弊社は創業以来、検査と復旧は各… 続きを読む »