Blockchain and sha256」カテゴリーアーカイブ

復旧日誌495, ランサムウェアが猛威をふるっております。おそらく出所は……でしょう。暗号化のち身代金(BTC)を要求する性質がありますが、そんな精度の高いプログラムではありません。

ランサムウェアを含めたこの手のウイルスは基本的に精度が高いプログラムではありません。しっかりデバッグと検証を重ねて……などするわけもなくそのまま垂れ流し、それがウイルスです。 実は最近、ランサムウェアに破壊されたPCやN… 続きを読む »

復旧日誌486, [SORA/Web3.0/NFT] Build: 5625に商用利用ライセンスを組み込みました。もちろんNFTによるライセンス管理を実現しております。

本日リリースいたしましたBuild: 5625に商用利用ライセンスの第一弾、検査系を組み込みました。※ NFT_SmartEditionというNFTでライセンス管理を実現しております。 ブロックチェーン – … 続きを読む »

復旧日誌482, [ブロックチェーン:悲観的になる必要は皆無] EV 来ました!これでSmartScreenとダウンロード警告から「お別れ」です。

やっと来ました。ようやく各種の警告から解放されます。

復旧日誌477, Google Chrome のダウンロード警告が消えました。もしかしたら、ブロックチェーンの開発にはEV署名が必須なのかもしれません。

本日、Google Chromeのダウンロード警告が消えた点を確認いたしました。EV署名はまだですが、昨日confirmationとなりましたので、その影響かもしれません。※ アルゴリズムはわからないため、あくまで憶測で… 続きを読む »

復旧不定期日誌465, [ブロックチェーン:悲観的になる必要は皆無 チェーンの最大の魅力は「ハッシュ」です] 所有者管理のNFTの data structure にゼロ知識証明を投入すると、なるほど、でした。

本日、NFTに data structure を搭載いたしました。仕様はADD_SERIALIZE_METHODSのライトコインなどで採用されているデータ構造です。これが優れていて、後からいくらでもデータ構造を変えられる… 続きを読む »

復旧不定期日誌464, [ブロックチェーン:悲観的になる必要は皆無 チェーンの最大の魅力は「ハッシュ」です] コントラクトの文面と、そのハッシュ値をトークンに刻めるように改良いたします。

昨日……完成、したのです。しかし、もう拡張したくなりました。まだ半日しか経ってない……。それだけブロックチェーンには「魅力」があります。 もちろん、この拡張はすぐ終えられます。復旧機能拡張スケジュールに影響はありません。… 続きを読む »

復旧不定期日誌462, [ブロックチェーン:悲観的になる必要は皆無 ブロックチェーンをOSに例えるならNFTはアプリ] データ復旧技術への応用

いくらでも応用が利くブロックチェーン。悲観的になる必要は皆無です。そうですね、ブロックチェーンをOSに例えるならNFTはアプリになります。そして、OSはそれ自体が稼ぐのではなくアプリが稼いだ分から手数料、ですよね?※ N… 続きを読む »

復旧不定期日誌460, [ブロックチェーンNFT] NFTのシンボル名に日本語をサポートいたしました!さっそく、「データ復旧NFT」「データサルベージNFT」などを作ってみました。ちなみに、NFTのシンボル名は「先願(早い者勝ち)」です。

SORAは、分散解析を目的とした「ドライブ検査」と「データ復旧」のためのブロックチェーンです。これらは本チェーンの原点で、今後の開発方針から外れることは決してありません。もちろん、NFTの各機能もたっぷりと搭載していく方… 続きを読む »

復旧不定期日誌457, [所有権証明] Web3.0でちょっとしたコンテンツを作ると、そこに描かれた全情報に所有権の証明が付属します。そして、その証明にNFTを紐づけいたします。ところで、NFTはあの16フレーズと紐づけされているので、これで、そのコンテンツは「自分のものだ」と示せますね。

現状のWeb2.0でコンテンツを作っても、自分の著作物と示すのが難しいのが現状です。なぜなら時間軸がないからです。 後から、他人が同じ内容でコンテンツを作る(パクる)とします。しかしそこには時間軸がないので、それは自分の… 続きを読む »

復旧不定期日誌456, 実用性のNFT、「DataRecovery」「junkhdd.com」です。

そろそろ、経済生産性が求められるところです。転がすだけではダメなのです。 そこで2つのNFT、DataRecoveryとjunkhdd.comです。前者は弊社データ復旧サービスでお得な特典等に活用していきます。後者はWe… 続きを読む »

chapter400, [SORA quantum] sample verify/signature 3.

Quantum public key:0x3b963490080231f8d6dda4952aa36413bbb833723bbdf2f146d46f64626520c3c80e3ffc8025fb381f03e4b96… 続きを読む »