復旧不定期日誌」カテゴリーアーカイブ

復旧不定期日誌466, ビットコインの鍵は256文字の32桁です。となると、36文字の13桁は……ですね。

ビットコインの鍵が、もし36文字の13桁(約uint64_tですね)だった場合、ネットワーク完全崩壊まで何日だろう……と考えます。もちろん、そんなことはなく、256文字の32桁(uint256)です。ご安心ください(^^… 続きを読む »

sora_meetino氏が外れたのなら、戻ってきたいというDMが多くきていました。

sora_meetino氏が外れたのなら、戻ってきたいというDMが多くきていました。 つまり、みえない部分でトラブルを抱えていた可能性がありました。現在、調査中です。※ たとえば、突然BANされた、などです。理由も無くこ… 続きを読む »

復旧不定期日誌464, [ブロックチェーン:悲観的になる必要は皆無 チェーンの最大の魅力は「ハッシュ」です] コントラクトの文面と、そのハッシュ値をトークンに刻めるように改良いたします。

昨日……完成、したのです。しかし、もう拡張したくなりました。まだ半日しか経ってない……。それだけブロックチェーンには「魅力」があります。 もちろん、この拡張はすぐ終えられます。復旧機能拡張スケジュールに影響はありません。… 続きを読む »

復旧不定期日誌463, [ブロックチェーン:悲観的になる必要は皆無] SORA Network ブロックチェーン心臓部: 完成 * 記念に、DataRecovery-NFTを配布

本日、完成いたしました。※ 記念に、DataRecovery-NFTを配布いたします。1000を集めると、FromHDDtoSSDのデータ復旧機能が「商用利用可能」となるNFTです。1ずつ配布してみます。さて、これをどの… 続きを読む »

復旧不定期日誌462, [ブロックチェーン:悲観的になる必要は皆無 ブロックチェーンをOSに例えるならNFTはアプリ] データ復旧技術への応用

いくらでも応用が利くブロックチェーン。悲観的になる必要は皆無です。そうですね、ブロックチェーンをOSに例えるならNFTはアプリになります。そして、OSはそれ自体が稼ぐのではなくアプリが稼いだ分から手数料、ですよね?※ N… 続きを読む »

復旧不定期日誌461, [ブロックチェーン:これからです。悲観的になる必要は皆無] データフォルダを分けました

今まで、Qtウォレット(SorachanCoin-qt)と同じデータフォルダを採用しておりました。しかし、Qtウォレットは旧式のランダムウォレット、それに対してFromHDDtoSSD v3はHD ウォレットを採用してお… 続きを読む »

復旧不定期日誌460, [ブロックチェーンNFT] NFTのシンボル名に日本語をサポートいたしました!さっそく、「データ復旧NFT」「データサルベージNFT」などを作ってみました。ちなみに、NFTのシンボル名は「先願(早い者勝ち)」です。

SORAは、分散解析を目的とした「ドライブ検査」と「データ復旧」のためのブロックチェーンです。これらは本チェーンの原点で、今後の開発方針から外れることは決してありません。もちろん、NFTの各機能もたっぷりと搭載していく方… 続きを読む »

復旧不定期日誌459, [ブロックチェーン:遊び] あと「遊び」です。これができないなら、意味がありません。えっ、悲観的? そうなる必要は皆無。将来性は「ばっちり」ですよ!

所有者証明等のちょっと堅苦しい事例が並びましたが、「遊び」も忘れてはなりません。というか、そこが最も重要です。 実装してきたブロックチェーン関連の機能を活用した遊びとなると、間違いなくNFTを使った「遊び」です。Disc… 続きを読む »

復旧不定期日誌458, [ブロックチェーン:所有者証明と付加価値] 所有者を示せるので、そのコンテンツの信用に、初めてつながります。

従来のWeb2.0では、厳密そうで曖昧でした。 「本人が書いたのか?」「誰が書いたのか?」「なりすまし?」「それ、書かせたんではないの?」が始まります。証明できないので、こればかりは信じるしかない状況で、実際に、異なる者… 続きを読む »

復旧不定期日誌457, [所有権証明] Web3.0でちょっとしたコンテンツを作ると、そこに描かれた全情報に所有権の証明が付属します。そして、その証明にNFTを紐づけいたします。ところで、NFTはあの16フレーズと紐づけされているので、これで、そのコンテンツは「自分のものだ」と示せますね。

現状のWeb2.0でコンテンツを作っても、自分の著作物と示すのが難しいのが現状です。なぜなら時間軸がないからです。 後から、他人が同じ内容でコンテンツを作る(パクる)とします。しかしそこには時間軸がないので、それは自分の… 続きを読む »

復旧不定期日誌456, 実用性のNFT、「DataRecovery」「junkhdd.com」です。

そろそろ、経済生産性が求められるところです。転がすだけではダメなのです。 そこで2つのNFT、DataRecoveryとjunkhdd.comです。前者は弊社データ復旧サービスでお得な特典等に活用していきます。後者はWe… 続きを読む »

復旧不定期日誌455, 「バックアップ不要で即復元」を実現できました。16フレーズのみで、1からフルノード完全同期+ウォレット完全復元で合わせて約5分。最短時間でBalanceと全NFTが戻ります。RapidSync [急速同期]、できました!

時々のご利用ならば、パソコンに置いておく必要すらなくなりました。さっと約5分で完全復元して、使い終えたら削除します。なお、使い終えた後に削除するのであればウォレットの暗号化は必要ありませんね。セキュリティ的には、悪くない… 続きを読む »

復旧不定期日誌454, ブロックチェーンに向けRapidSync [急速同期]を実装いたしました。現在、テスト中です。

フルノードのブロックチェーンの欠点の一つとして、初回接続時の完全同期に「数時間から数日かかる」という点です。 この長時間の同期は「初回に限る」のですが、何事もはじめが肝心です。そこで数時間お待ちください、、、は何とかする… 続きを読む »

復旧不定期日誌453, ブロックチェーン部の「応答なし(^^;」がなくなりました!

いつもお世話になっております。 本日、処理にお時間を要する全過程に「待機ウィンドウ」を実装いたしました。これにより処理待機中の「応答なし」がなくなりました。 応答なしはメッセージループが止まると発生いたします。このため、… 続きを読む »

復旧不定期日誌452, とりあえず、NFTですね。「drive」「denpa」を作りました。

Web3.0の各サービスと絡めて利用するNFTです。とりあえず、「drive」「denpa」を作りました。drive トークンは復旧機能や統計スキャンの大幅改善に役に立つ有用なNFTになります。 ところで現在、統計スキャ… 続きを読む »