今夜の晩酌には、やっぱりもつ煮かな!

こんにちは!(^▽^)/
データクラッシュ復旧センターの茂木です!

最近、出かけるのが怖くなってしまい、自宅内で過ごす日々が多くなってきました。新型コロナウイルスの影響なので、毎日、家での晩酌しています。後手後手になっていますが、そりゃ、あれじゃね………………。

おっと、話がずれました。
晩酌のおつまみは、もつ煮かな、やっぱり・・・(;^_^A
「もつ煮」は手間がかかる煮込み料理と思っている方が多いようですが、実は、簡単です。

買ってきた「もつ」を、給湯器のお湯で一回洗い、煮こぼし2回するだけなんですが、ここが、いつも大変だと思っている方が多いみたいですよね(;^_^A

基本、家庭で作るのは「もつ」を少なくして野菜をたっぷり入れるのが多いよね。自分の家は、もつが多めで、入れる具材は、大根・蒟蒻・ごぼうだけです。食べる直前に、みじん切りにしたネギをかけます。

そんなこんなで、今晩も、discordで遊んでいます。皆様も、お出かけする際は、マスクと手洗いをしてくださいね。(o^―^o)ニコ

拠点を移動します

いつもお世話になっております。

例の件、状況の方が深刻化してきたとみております。このため、現在の位置から、川口と本庄に拠点を移動する見込みとなりました。

それでも厳しくなってきた場合は、東北に移動いたします。

この間、業務の方が差し支える場合もあるとは思います。それでも今回の件は、それを差し引いても侮れないと判断いたしました。

なにとぞよろしくお願いいたします。

[2020-0226 追記]

復旧用の設備と、ドナー部品となるドライブの一部移転を完了いたしました。残りにつきましても、何とか時間をかき集めて、頑張っております。m(__)m

※ 今の地点では、北区の事務所から受け取りおよびご発送いたしております。この先、移転先での復旧作業となった場合は、発送元が変わります。変わった地点で、詳細をお知らせいたします。

なにとぞよろしくお願いいたします。

お持ち込みを当面、休止いたします+α

 当面、データ復旧サービスの受付は、ご発送のみとさせていただきました。

 また、データ復旧ロジックとブロックチェーンの開発も本日から当面、在宅に移行いたしました。こちらは、事務所での作業が必須ではないため、時々、顔を合わせるくらいで良いかな……、となっております。

 出張サービスにつきましては、一部を除き、現在は平常通りです。

 データ復旧やサポート受付のお電話についても、現在はまだ事務所にて対応しておりますが、状況次第ではこちらも、当面、送信フォーム+チャット(Discord)および携帯電話の体制に切り替えたいと考えております。(2月下旬に判断いたします)

 なにとぞよろしくお願いいたします。

gmailをご利用の方へ……

2020年2月3日(月)、正常な送受信を確認いたしました。
2020年2月7日(金)、 DMARCをDNSに追加いたしました。これで、正常に戻ると思います。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

最近、自動ご案内メールを含む全般で、gmailの未着が多くなっております。
*yano, support, iimoriのメールアドレスで、数件を確認しております。

この場合、弊社のテクニカルサポート送信フォームか、yahooメールなどの別のメールのご利用を、お願いいたしております。

gmailをご利用で、例えば、ライセンスキーが届かないなど、ございましたら、弊社のテクニカルサポートにご一報ください。すぐに折り返し、ご連絡いたします。

*2020年1月30日現在:数日以内に回復する見通しです。なにとぞよろしくお願いいたします。その間は、古いメールアドレス(iuec@ace.ocn.ne.jp)を利用します。

データ抹消は出張で(o^―^o)ニコ

こんにちは!
データクラッシュ復旧センターの茂木です。

今年は、暖冬と思っていた矢先に、本日は本当の冬の寒さで、出張サービスにお出かけしました。(;^_^A

お客様の所に付き、データ復旧が可能な事が確認できたので、お客様と確認しながらデータ復旧を行いました。

すると、お客様からの質問があり、データを完全に消す方法は無いかの質問がありました。

内容は、個人情報の為、外部に持ち出し禁止のデータですのでコピーされたら問題があるとのことです。そこで、弊社が扱っているデータ抹消ソフトをご紹介しました。

詳細の説明と使用方法の説明をしてお客様の見ている所で使用を見せ、
その後、本当に復旧できないのか確認もしてもらった所、驚いていました。(o^―^o)ニコ

弊社でも、お角様から、復旧したデータが、外部に漏れないように最善の
抹消データを使用していますので、ご安心してください。と言いったら、このソフトを販売しているか聞かれ、ご購入されました。

ありがとうございました。

メールアドレスについて

古いメールアドレス(iuec@ace.ocn.ne.jp)は本日午前中にて終了いたしまして、
完全に、新しいメールアドレス(iuec.co.jp 系)への移行を完了いたしました。
※ 古い方でやり取りされておりますお客様には、順次、こちらからご連絡いたします。

なにとぞよろしくお願いいたします。

0を1回上書きでOKです

データ抹消に関しましては、自分自身で実施することを強くおすすめいたしております。

高密度なプラッタが採用されたHDDやSLCを含むSSDは、物理フォーマット(全セクタ0上書き)を1回実行すれば十分だ、という結論が出ております。
これであれば、そこまで手間はかかりません。なお、念のためなら、3回実行です。
※ 専用ツールの他、Linuxのddで全セクタに0を書き込んでしまうだけです。

抹消ときくと、よく三十数回上書きとか、乱数と固定値と0を交互にとか、よくあります。
抹消の規格として出ているので抹消系ソフトウェアはそれらに対応するのですが・・、
それらの利用は10年以上前の古いドライブとか、そういった昔のドライブに限ります

また、中古のハードディスクについて、実は二束三文ではございません。
何年も使い込んだ中古ハードディスクなど誰も興味ないから大丈夫、ではありません。
サルベージ部品用途などで一定の価格が保たれております。
これについては本当に情けない話なのですが・・この点も注意となります。

一番安心できるのは、自分自身で処分です。これに限ります。
または、Trim機能を有効にしたSSDにのみ重要データ(見られたくないデータ等)を入れる、というのもありです。
Trim機能が働くと0を書き込むので、通常の削除でデータ復旧ができなくなります。

意識的に抹消を行わなくても、残らない形できちんと消えるのは、利点かもしれません。
なお、抹消のための機能ではなく、速度を保つために、確実に使われていないセクタの範囲が知りたいだけで、その範囲はデータを保持する必要がないため0にしています。