chapter344, [SORA] draft: renewal Whitepaper 6, About Business model

6, About Business model

  • So far, we have explained an overview of analysis to the sectors of a drive by a Blockchain.
    これまで、ブロックチェーンによるドライブのセクタに対する分析の概要について説明してきました。
  • Sector analysis is analysis for drives. In fact, we have been researching scan and recovery software for more than 10 years since January 2009. Then, will implement a Blockchain.
    セクタ分析は、ドライブの分析です。 実際、2009年1月から10年以上スキャンおよびリカバリソフトウェアを研究してきました。その後、ブロックチェーンを実装します。
  • By the way, on the other hands, the main point of view is the Business model. We consider to “simple is the best” here.
    ちなみに、一方で、主な視点はビジネスモデルです。 ここでは「シンプルが一番」と考えています。
  • First. Building a mechanism that consumes a certain amount of coins when copying “operator”. This is equivalent to a “network fee”. This provides a decentralized mechanism that supports appropriate rewards for miners while preventing over-access due to spam.
    その一。「作用素」をコピーする際に一定量のコインを消費するメカニズムを構築します。 これは「ネットワーク料金」に相当します。これにより、スパムによる過剰アクセスを防ぎながら、マイナーに適切な報酬をサポートする分散型メカニズムが提供されます。
  • Then next, you can get a license to use up the data recovery feature several times by spending coins. This is equivalent to a limited using license of the perpetual use license ($70 – $160) currently on sale.
    次に、コインを使うことで、データ回復機能を数回使用するためのライセンスを取得できます。 これは、現在販売されている永久使用ライセンス($ 70〜 $ 160)の限定使用ライセンスに相当します。
  • Only these two. It’s so simple, but there is a amount of demand. Because, year by year, the total number of drives used all over the world is increasing. We will challenge those drives with this business model.
    この2つだけ。 とてもシンプルですが、かなりの需要があります。なぜなら、世界中で使用されるドライブの総数は年々増加しているからです。このビジネスモデルでそれらのドライブに挑戦します。
  • In order to respond to high liquidity, we would like to constantly negotiate with Exchanges and building the best environment. (e.g. FinexBox: Finex drive chain)
    高い流動性に対応するため、常に取引所と交渉し、最良の環境を構築していきたいと考えています。(例: FinexBox: Finex drive chain)

chapter343, [SORA] draft: renewal Whitepaper 5, Concept of chain in operator

5, Concept of chain in operator

5-A, Drive has huge number of sectors
5-A, ドライブには莫大なセクタ数があります

  • The drive is made up of a huge number of sectors, therefore
    the speed will not increase when they copy operators on a scan by sector-by-sector basis.
    ドライブは膨大な数のセクタで構成されているため、セクタごとの検査で作用素をコピーする場合、速度は向上しません。
  • Therefore, we have implemented a mechanism to be operated chain in operator.
    したがって、作用素を連鎖させるメカニズムを実装しました。
  • This mechanism is so similar to the modifier’s checksum calculation.
    このメカニズムは、モディファイアのチェックサム計算と非常によく似ています。
  • If this logic implemented, after the operation of the operator A, the operator A’ to be used next can be extracted from the operation result AH. That is, the concept of “chain”.
    この論理を実装すれば、作用素Aの演算後、演算結果AHから次に使用する作用素A’を抽出することができます。 つまり、「連鎖」の概念です。

5-B, e.g. equality operator
5-B, 例えば、恒等の作用素

  • Below, A and A’ are operator, then H1 and H2 are a normalized object (e.g. matrix)
    以下、A, A’は作用素で、そして、H1, H2は正規化されたオブジェクトです。

SSD/NVMe scan -> get H1 as result
Blockchain -> OP_CODE -> copied A as result
operation AH1
if H1 = AH1 -> A is equality operator -> A’ = A
SSD/NVMe next scan -> get H2 as result
operation A’H2

chapter342, [SORA] draft: renewal Whitepaper 4, Concept of mapping by blockchain

4, Concept of mapping by blockchain

By the way, in the case of HDD, there is no problem by the method up to the previous chapter. Then … it’s finally SSD/NVMe.
ところで、HDDの場合は前章までの方法で問題ありません。そして……、いよいよ、SSD/NVMeですね。

4-A, Concept, that is generation of operators
4-A, 概念, それは作用素の生成

Significant: First, Blockchain is strict and delicate. In other words, when working on the chain to get action from the chain, we must avoid attaching to the blockchain directly.
重要:まず、ブロックチェーンは厳格で繊細です。 言い換えれば、チェーンからアクションを取得するためにチェーンで作業するときは、ブロックチェーンに直接接続することを避ける必要があります。

  • So that we “copy” what is called an “operator” from the Blockchain. This operator is “independent” of the chain, and even if operator is destroyed by a bug, does not affect the chain.
    そのため、ブロックチェーンからいわゆる「作用素」を「コピー」します。 この作用素はチェーンから「独立」しており、万一バグによって作用素が破壊された場合でも、チェーンに影響を与えることはありません。
  • By the way, this is not speculation. Actually, we repeated the verification many times with testnet of SORA Network. If even the slightest broken modifier acted destructively to the blockchain, chain will break and can’t become operation.
    ちなみに、これは憶測ではありません。 実は、SORAネットワークのテストネットで何度も検証を繰り返しました。 わずかでも壊れたモディファイアがブロックチェーンに破壊的に作用した場合、チェーンは壊れて動作することができなくなります。

4-B, e.g. equality operator
4-B, 例えば、恒等の作用素

Below, A is operator, then H is a normalized object (e.g. matrix)
以下、Aは作用素で、そして、Hは正規化されたオブジェクトです。

  • SSD/NVMe scan -> get H as result
    * This is, each the state and direction of the sector that has added by projection from next to next.
    Blockchain -> OP_CODE -> copied A as result
    * Be sure to “copy”. Must not operate here directly(e.g. reference) on the blockchain. Even a small of work will be stopped the “mainstream”, if the modifier damage.
    operation AH
    * e.g. If AH is H, A is equality operator. (of course AH=HA)
  • SSD/NVMeをスキャン -> 結果としてHを取得
    * これは、各セクタの状態と方向性を次から次へと射影によって追加されたものです。
    Blockchain -> OP_CODE -> 結果としてAを取得
    * 必ず「コピー」してください。 ここで、ブロックチェーン上で直接的な操作(例えば参照)してはなりません。もし モディファイアが損傷した場合、わずかな作業でも「主流のチェーン」が停止します。
    演算 AH
    * もしこのAHの結果がHなら、Aは恒等の作用を持ちます。(もちろんAH=HA)


chapter340, [SORA] draft: renewal Whitepaper 2, As a scan result, corresponds with scalar

2, As a scan result, corresponds with scalar

  • A drive have a variety of failure factors, between them, the simplest model is the scalar correspond. First, let’s start with the scalar.
    ドライブにはさまざまな障害要因があり、その中で、最も単純なモデルはスカラーによる対応です。 まず、スカラーから始めましょう。

2-A, State definition
2-A, 状態の定義

  • The scalar status denote from α to Δ below.
    スカラー状態は、以下のαからΔまでを示します。

α: no problem
β: can not read sectors
γ: can not read and write sectors
Δ: out of control sectors
α: 問題はありません
β: 読み込み不能セクタ
γ: 読み書き不能セクタ
Δ: 制御不能セクタ

  • Since these are a scalar value, this condition only corresponds as a result. By the way, do you think that there is no problem with HDD(bijection) that is easy to judge, by looking only at this scalar value?
    Actually … the answer is NO.
    Even if HDD, cannot be judged from this alone. In other words, era of current is even HDD which is difficult to judge, cannot be investigated simply by indicating the sector status.
    Just looking at the good or bad of a sector requires a concept that includes direction, that is handled by a vector.
    これらはスカラー値であるため、この条件は結果としてのみで対応します。 ところで、このスカラー値だけで、状態が判断しやすいHDD(全単射)については、問題ないと思いますか?
    実は … 答えはノーだ。
    HDDであっても、これだけでは判断できません。 つまり、現在の時代はHDDでさえ判断が難しく、セクタの状況を示すだけでは調査できません。
    セクタの良し悪しを見るだけでも、ベクトルによって処理される方向を含む概念が必要です。

chapter338, [SORA] Discover a strange phenomenon in diff

Sorry. the update frequency have decreased recently.
About reason, we are busy with recovery work, development(doing my best) and survey the following diff … and we couldn’t handle until this update.

When we have been adding various arithmetic processing, we happened to find a strange phenomenon in the processing process of diff.
Currently, we are mathematically survey the cause of the phenomenon.

chapter337, [FromHDDtoSSD with Blockchain] Sorry for the wait!!

New feature that “freedom from the trouble of drive failure to lose data” …….
“Blockchain integration software [SORA Network]” called “the FromHDDtoSSD with Blockchain ver3.0”, which are being developed separately, we intend to be released this month.

chapter333, [SORA] BLOCK_HASH_MODIFIERについて [技術説明-1]

いつもお世話になっております。

データ復旧技術用に開発しております「BLOCK_HASH_MODIFIER」について、その詳説をまとめていきたい所存です。
ようやく……ブロックチェーン心臓部の解読を完了いたしました。
やっと……新機能を乗せたサイド的な役割を担うブロックを投入できます。

ブロックチェーン心臓部については、
大きな枠で分類いたしますと「旧型」「中間型」「新型」の三タイプがありました。
そのため「新型」から始めると効率がよさそうですが、
新型は中間型の改良版、そして、中間型は旧型の改良版となります。
つまり……、すなわち、旧型からみていく必要があります。

また、旧型と新型では、機能面についてはそこまで変わっておらず、
例えば乱数生成などの機能、内部文字列の処理などが最適化されています。

ただ、機能面はそこまで変わらないゆえに、
今でも「Base58形式の古いアドレス」が一般的ですね。
そして、大きな変更を要するハードフォークが実施されていない場合は、
古い旧型のウォレットで新型のチェーンを読み書きすることはできます。

chapter318, [Blockchain][SORARA] We released the latest Wallet in Windows version (v3.8.10).

using Blockchain DB: replace from LevelDB to latest SQLite (SQLite v3.35.0 Mar-2021)
We have created a database of peers_sql.dat from peers.dat and we enabled automatic checkpoints on a trial basis.

https://github.com/FromHDDtoSSD/SorachanCoin-qt/releases/tag/v3.8.10

復旧日誌8, [HDD/SSD/RAID] ブロックチェーン活用 統計スキャンについて その1

いつもお世話になっております。

実在証明を秒単位で刻むことが可能なブロックチェーンを活用する、
統計スキャンの実装となります。

まず、データのアセプト……受理については、
ピア情報の受け入れと似たようなロジックを実装いたしました。
なぜなら、何度も似たようなデータが来てしまうと、
必要性がないデータの多重処理で重くなるためです。

同じドライブについて何度も検査する過程自体は正常な処理です。
そのため、似た統計は再送信せず、
統計処理で偏ったものだけをアセプトすれば、
自然に、欲しい故障情報だけが集まってくる、そういった仕組みです。

次に、この統計データは専用のデータベースに保管されます。
つまり、ブロックチェーンはトランザクションだけに留めております。
これで、サイズの制約はありません。

そして、専用データベースの整合性については、マイナーが担当いたします。
ブロック承認ロジックに、この整合性処理を追加いたします。
新規ブロック受理の際に、
このデータベースのハッシュ値確認を、承認条件の一つにいたします。

ただし、これをstrictモードにするとハードフォークが必要となりますので、permissiveモードで処理する見込みです。
つまり、この承認を乗せたサーバ……、すなわち、v1.4(安定板)またはv4.0以降(最新版)のサーバに切り替わったノードだけでも、十分な整合性は取れると判断いたしました。

なにとぞよろしくお願いいたします。

復旧日誌7, [HDD/SSD/RAID] アフターコロナキャンペーンは一時停止いたします。

いつもお世話になっております。

本キャンペーンの方、今年のワクチンが効くのかどうか怪しい種まで出てきてしまったゆえに、一時停止する方向になりました。

ただし、サービス自体は維持したい(表向きから消すだけ)ゆえに、
新品ドライブが付属する等などの各サービス内容は変わりません。
そこで、再開次第、さらにサービスを追加していきたいと考えております。

なにとぞよろしくお願いいたします。

復旧日誌6 [HDD/SSD/RAID] 10TBを超えたハードディスクの復旧について

いつもお世話になっております。
本日は、10TBを超えたハードディスクの復旧について、です。

現在、ハードディスクの方は「データ保管用途」向けとなっております。
一方、システム起動用途としては、迷わずSSDで問題ございません。

そして、このハードディスクの容量が急拡大しております。
4TBから8TBで踏みとどまっていたものが、
急激に増加を開始し、10TBは当たり前で、
そこから16TBなども拝見する機会が多くなってきました。

この域に達しますと、
データの最小単位となるセクタで、すべてを辿る方法による復旧は、
もはや現実的ではございません。
ピンポイントでドライブの状態を監視しながら、
データを取り出す手法のみが有効です。
2016年より開発してきました「自動復旧」と、
現在開発中の「ブロックチェーン」を組み合わせて、
ドライブの状態管理用データの取り扱いまで自動化する、
新しい試みを、ようやくリリースできる見込みになりました。

いま、自動復旧を担うFromHDDtoSSDについて、
MinGWと呼ばれるコンパイラへの開発環境移行を試みております。
Linuxで広く使われるGCCのWindows版が、このMinGWになります。
ブロックチェーンの開発がMinGWだったゆえに、
今後の中心部を踏まえて、MinGWへの移行を決めました。
特に問題なくWindowsAPIおよびWindowsDDKが利用できるため、
そのままで問題ないとは思いますが、
なにゆえにドライブへのアクセスが絡みますので、
しっかり検証後、ブロックチェーンを取り込んで「リリース」となります。

なお、ブロックチェーンの「活用」がメインとなります。
検査に限り、ネットワーク手数料として僅かなSORAが必要となりますが、
それでも、大幅な時間短縮が実現される見通しです。

まず第一弾では、ドライブの弱い部分を探索できるようなロジックが組まれます。10TB等の大容量をすべて検査するのは、時間がいくらあっても足りません。

そして、このようなドライブが沢山あると検査が面倒になって、そして、です……。

なお復旧系は、SQLiteに蓄積されたブロックチェーンを読み取って、
それらを手掛かりとするため、ネットワーク手数料は不要です。

もちろん、従来からある「完全スキャン」などは
ブロックチェーン非経由となりますので、今まで通りです。

そして、インストール不要版です。
パターンのダウンロードを必須としていましたが、今回、その全てを内蔵いたします。
それゆえに、ネットワーク非接続にて簡単にご利用いただける形になります。
※「ブロックチェーン非経由版」としては、これで完成です。

なにとぞよろしくお願いいたします。

復旧日誌5 [HDD/SSD/RAID] PC-98などの古い産業用PCについて

いつもお世話になっております。
本日は、PC-98などの古い産業用PCについて、です。

まず、基本的に「環境ごと」復旧いたします。
よくご依頼いただく例として、NC工作機械に付属するコンピュータです。
これについては、データだけではダメで、
元の工作機械に戻すだけで、動くように整備する必要がございます。
それはすなわち、配線を戻してボタンを押すだけです。

復旧日誌4 [HDD/SSD/RAID] リビルドについて

いつもお世話になっております。
本日はリビルドについて、です。

リビルドの前に、以下の二点を必ずご確認ください。
1、少しでもデータが閲覧できる状態かどうか
2、すべてのドライブが動いているかどうか

まず1です。
少しでも閲覧できるのなら、その見える限りで構いません、
出来る限りのデータのバックアップを「先に」お願いいたします。
リビルドは成功する保証が「ありません」。これがこの理由です。

リビルドに失敗すると、おそらく、全データにアクセス不能になります。
そのなる前に、出来る限りの見えるデータを取り出すのが、最善手です。

次に2です。
リビルドの前に、全ドライブが動いているのかどうか、その確認です。
もし動いていないドライブが一台でも存在した場合は、
リビルドの前に、その動いていないドライブを正常なものに交換いたします。
なぜなら、ドライブが欠落した状況でリビルドして成功したとしても、
当然ながら「欠落のまま」になります。
そして、経年劣化したドライブで構成されたまま欠落状態が続いてしまい、
ドライブへの負担も大きくなります。近いうち、また壊れるのは明らかです。
それゆえに、整合性をすべて書き出せる新しいドライブを準備しておくべきです。

ちなみに最良な方法は、バックアップを別に持つことです。
その場合はすべて新品に入れ替えてイニシャライズし、
バックアップからデータを移転するだけで済みます。

復旧日誌3 [HDD/SSD/RAID] 暗号について

いつもお世話になっております。
本日は、暗号についてです。

暗号には二種類、存在する点に注意が必要です。
一つ目は、お互いに共通の鍵を持つ場合です。
二つ目は、暗号化で送っていただくための鍵を用意して相手に渡す場合です。

一つ目は、いわゆる合い言葉みたいなものです。
互いに知っている鍵の内容から、復号して読み書きいたします。
そのため、鍵を持つ者以外に情報を知られることはありません。

しかし、それだと不特定の方と暗号でやり取りすることができません。
そこで二つ目となります。
暗号化して送っていただくための専用の鍵「公開鍵」を相手に渡して、
それで暗号化していただき、情報を受け取るという方法です。
公開鍵は公開できるため、不特定多数から「自分」に、
情報を暗号化してから渡すことができます。

ところで、インターネットのブラウザで「暗号化されています」と表示されると、安心して個人情報を送ってしまいがちです。
しかし、ここに落とし穴があります。
インターネットは不特定多数となりますので、二つ目の方法が使われます。
そして、公開鍵がサーバから渡され、それで通信しているという仕組みです。

たしかに、通信内容は暗号化されています。
しかし、情報を受け取ったサーバ(管理者)は、内容を復号してみることができます。
つまり「守秘的な通信ではない点」に、注意が必要です。
あくまで、受け取ったサーバは、全内容を見ることができます。
そして、間にサーバを挟んでいる場合、その内容は守秘ではないということです。

「暗号化されていますだからさ、ここでの話は内密になるのだろう」、
ではございません。そのサーバには、全情報が「平文」で残っている状態になります。
ご注意ください。

復旧日誌2 [HDD/SSD/RAID] Windowsに標準実装されている「通常のフォーマット」について

いつもお世話になっております。
ブロックチェーン開発の方、方向性がばっちり定まりましたので、
復旧日誌の方を綴っていきたいと考えております。
※ 構想を練っていた2016年後半は、かかっても二年くらいかな……とみていたのですが、ちょっとばかり、いや、かなりオーバーいたしました(^^;

今日は「通常のフォーマット」です。
ディスクの管理から領域を作成すると、オプションとして存在する、あれです。
不良セクタを検出するために、全セクタを検査するゆえ、とてもお時間を要します。

ただ……、その探し方の効率が悪く、ドライブに負担がかかります。
おそらく、Windows98/2000時代からの「名残り」ですので、
その頃のドライブに合わせたまま、同じ状態で搭載されているのかもしれません。
今の大容量ドライブやビッグセクタ、超高速SSDには「不要」なオプションです。